キャンピングムーン 焚き火台

キャンピングムーンの焚き火台は使いやすい?スノーピークと徹底比較

キャンピングムーンの焚き火台って使いやすいのかな?スノーピークとそっくりって聞くけどどっちを買ったらいいか迷うな。

今回はそのような疑問にお答えします。

皆さん焚き火台を買う際に何を重視しますか。

お手頃な焚き火台をお探しの方は間違いなく、キャンピングムーンの焚き火台をおすすめします。

例えばスノーピークの焚き火台とキャンピングムーンの焚き火台の価格を比べると作りの差はほとんどないけど倍以上違います。

本記事では、焚き火台を購入する際のメーカー選びに迷っている方のために、キャンピングムーンの焚き火台の魅力や使いやすさ、おすすめの焚き火台、スノーピークとの違いなどを詳しくお伝えしていきます。

この記事をご覧いただけば、あなたに最適な焚き火台が見つかるはずです

ぜひ、参考にしてみてください。

 

キャンピングムーン焚き火台の魅力

キャンピングムーンの焚き火台の魅力をご紹介します。

魅力その1 クオリティ

 

この投稿をInstagramで見る

 

トビーK(@ryo.canp)がシェアした投稿

値段が安く中国製ですが、クオリティが非常に高いです。

細部まで細かく丁寧に作られていて、焚き火台本体は非常にしっかりとしています。

中国製なのでどうかなと心配でしたが、私は使用して1年経ちましたが問題なく使えていておすすめです。お手頃なので初心者の方が試しに使ってみるのにいいですね。

魅力その2 コストパフォーマンス

キャンピングムーンの焚き火台の魅力はコストパフォーマンスの良さです。

ソロキャンプにおすすめの、キャンピングムーンの焚き火台XSは、焼き網、炭床、収納袋がすべてセットで税込み3,280円です。

すべてセットでこの金額は、他メーカーと比べてもコストパフォーマンスがよく、人気の秘訣のようです。

魅力その3 使い勝手の良さ

焚き火台の組み立て方法

焚き火台の組み立ては、焚き火台スタンドを広げる→灰受け皿を置く→焚き火台フレームを置く→ロストルを置く→焼き網をのせて完了。約30秒で組み立てできてとっても簡単です。

【組み立て詳細動画はこちら】

使い勝手の良さ4つ

  • XSからのサイズ展開があり、折りたたみ式でコンパクトにまとまるのでソロキャンプに便利
  • 移動手段がバイクや自転車でも軽量のため持ち運びしやすい
  • 3段階の高さ調整機能がついているため、火力の調整ができて便利
  • しっかりした作りで、ダッチオーブンも使用可能
XSがソロキャンプにちょうど良くて私も重宝しています。ダッチオーブンものせれるので凝った料理をしたいときも便利です。

キャンピングムーンの焚き火台は、値段の割にクオリティーが高く、コストパフォーマンス、使い勝手の良さの点から魅力満載の商品です。お手頃で初心者の方にとてもおすすめですよ。

 

スノーピークの焚き火台との違い

キャンピングムーンの焚き火台は、スノーピークの焚き火台のコピー商品とキャンパーさんの間でよく話題にあがるようです。

同じサイズの商品がないため、キャンピングムーン焚き火台XSとスノーピークの焚き火台Sの製品の比較をしてみます。

【料金の比較】

キャンピングムーン焚き火台XS スノーピーク焚き火台S
焚き火台 3,280円 10,490円
焼き網 ※キャンピングムーンの焚き火台は、焚き火台、焼き網、炭床、収納袋がすべてセットになった金額です。 3,960円
炭床 2,640円

※料金はすべて2021年12月22日現在の金額で、税込みの金額です。

キャンピングムーンの焚き火台は焚き火台、焼き網、炭床、収納袋が4点セットで税込み3,280円に対しスノーピークの焚き火台は、焚き火台以外は別売りで、すべてセットで17,090円です。(※2021年12月21日現在)

サイズがXSとSで多少金額の差はでるものの、スノーピークの焚き火台Sは焚き火台のみの金額でキャンピングムーンの倍以上ですね。

キャンピングムーンの焚き火台XSは4点セットでこの金額なので、コストパフォーマンスが最高ですね。

【製品の比較】

キャンピングムーン焚き火台XS スノーピーク焚き火台S
組み立てサイズ(完成時) 高さ15.5cm+4cm、横19.5cm×縦19.5cm 285×285×205(h)mm
価格 3,280円 10,490円
重量 約1.6㎏ 約1.8㎏
素材 オールステンレス ステンレス
焚き火台の脚の固定形状 脚だけで安定して立つ作り ベースプレートの穴に脚をはめこむ

【キャンピングムーン焚き火台】

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐々木卓也(@takubuu0501)がシェアした投稿

【引用出典:Instagram】

【スノーピーク焚き火台】

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@daigo67123)がシェアした投稿

【出典引用:Instagram】

製品の比較は焚き火台の脚の固定形状だけで差はありません安定性が良いのはキャンピングムーンの焚き火台ですね。

私がキャンピングムーンの焚き火台を買った決め手は、口コミで見た「クオリティーの良さ」とお手頃な金額です。口コミには人それぞれの意見があるので、口コミも参考にしてみてくださいね。

 

キャンピングムーンの焚き火台はこれがおすすめ

キャンピングムーン焚き火台のおすすめ商品をご紹介します。

グループキャンプに最適!高さ2段階調整式焚き火台(3~4人位)バーベキューコンロ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ibusora Beer Camp(@ibusora)がシェアした投稿

こちらの焚き火台は組み立てが30秒で完了ととても簡単で初心者の方でも手軽に利用できます

組み立て方法

  1. 焚き火台スタンドを広げる
  2. 灰受け皿を置く
  3. 焚き火台フレームを置く
  4. ロストルを置く
  5. 焼き網をのせて完了
こんなに簡単に組み立てできるので、キャンプでも家でのBBQでもわが家では大活躍しています。

なんといってもこのお手頃価格のお値段が魅力です。

高さが2段に調整可能で火力の調整がしやすい点も嬉しい。

付属の焼き網は、ダッチオーブンものせれるので焚き火料理をよくする方にも便利ですね。

サイズ(収納時) 幅35cm×縦20cm×厚み9cm
サイズ(完成時) 高さ26cm×横35cm×縦34cm
材質 ステンレス鋼 収納袋:帆布
価格 4,580円 ※2021年12月21日現在 ※収納バッグ付き
総重量 約3.5㎏

ソロキャンプからグループキャンプまで使える!A3型ソログリルラージ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mari@m(@mari.mo1231)がシェアした投稿

炭火、焚き火でコンロとしても使用でき、純粋に焚き火を楽しむこともできる焚き火台です。

ソロ~4人ぐらいのグループキャンプで、ファミリーキャンプで使えます。

お値段もお手頃で、ステンレス製のメッシュは良く薪を燃やしてくれ錆びにくい作り

メッシュの火床は、特殊耐熱メッシュで下に灰が落ちにくい作りなので、焚き火後の片づけがしやすく嬉しいですね。

付属の五徳で料理も楽しめます。

本体サイズ(収納時)) (約)幅約43cm×縦32.5cm×厚み2.5cm
本体サイズ(完成時) (約)横42cm×縦42cm×高さ32cm ※メッシュ火床高さ約20cm
材質 オールステンレス
価格 3,880円 ※2021年12月22日現在 ※帆布製ケース付き金額
重量 1.65㎏(収納ケース含む)
本体静止耐荷重 10㎏

ツーリングやバックパッキングに!ファイアスタンド

こちらは、軽くてコンパクトにまとまる点、かなりお安い価格なところが魅力です。

重量が900gと1キロを切っていて、巻いてたためてコンパクトになるのでツーリングやバックパッキングにも携帯できて便利です。

帆布製収納ケース付きなので持ち運びに嬉しい。

トライポットMS‐105と一緒に使用して料理も楽しめます。

サイズ(収納時) 直径約80×650mm
組み立てサイズ(完成時) 高さ28.5cm、横41.5cm×縦41.5cm
材質 ステンレス鋼
価格 2,280円 ※2021年12月26日現在 ※キャンバス製収納バッグ付き
重量 約0.9㎏


 

キャンピングムーンの焚き火台をさらにおしゃれに

キャンピングムーンのコンロアクセサリー、焚き火プレートMファイアープレートサークルプレートTKB‐315は、焚き火中の防風効果、灰の飛び散り防止のために発売された商品です。

こちらの商品は、上記効果だけでなく焚き火台にセットするとプレートのロゴが焚き火をおしゃれにかっこよく見せてくれます

いつもの焚き火とひと味違った焚き火を楽しめます。

私もこのプレートでおしゃれでかっこいい焚き火を楽しんでいます。気分もあがりますよ。最近よく見かけますね。

キャンピングムーンの焚き火台は使いやすい?スノーピークと徹底比較:まとめ

本記事では、

  • キャンピングムーン焚き火台の魅力
  • スノーピーク焚き火台との違い
  • キャンピングムーンのおすすめの焚き火台

を紹介しました。

キャンピングムーンの焚き火台は、中国製ですがコストパフォーマンスも良く使い勝手もいいのでおすすめです。

紹介させていただいたアクセサリーコンロなども使って、オリジナルの焚き火を楽しんでくださいね。

合わせて読みたい

キャンピングムーンのXXSサイズ焚火台で極小サイズの卓上焚火を!

続きを見る

焚き火台の火の消し方は何が正解?消し方と片づけ方法を紹介 

続きを見る

ダッチオーブンで焚き火料理をしよう!おすすめ商品1~5位を紹介 

続きを見る

 

スポンサーリンク

-キャンピングムーン, 焚き火台

© 2022 焚き火の神様 Powered by AFFINGER5