バーベキュー 焚き火

バーベキューは焚き火でやると2倍楽しい!やり方はこれできまり!

焚き火でバーベキューは、どうやったらいいのかな?やり方を教えて。

このような疑問にお答えします。

室内で食べるお肉も良いですが、私はキャンプでのバーベキューが大好きです。

野外で焼くお肉や野菜は、格別ですよね。

そんなバーベキューは、炭火でする方が多いと思います。

でも焚き火も楽しみたい。

そんな方に向けて、「焚き火でのバーベキュー」のやり方について、ご紹介いたします。

このやり方を知ると、美味しいお肉と焚き火が楽しめるため、キャンプが2倍楽しくなります。

また焚き火でのバーベキューの方法を知っていれば、非常時にも慌てずに調理をすることができます。

焚き火台でのバーベキューのやり方を知って、キャンプをもっと楽しみましょう。

 

薪と炭の違いと使い方

焚き火台でバーベキューをする際の熱源は、

の2種類に分けられます。

キャンプ場では「薪」と「炭」、どちらも販売していることが多いですよね。

でも「薪」と「炭」は何が違うの?

そんな疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

そのような方に、まず最初に「薪」と「炭」の違いと特徴について、ご紹介いたします。

薪と炭の違いとは?

薪と炭の違いを簡単にまとめると、以下のようになります。

  • は木を切り出し、使いやすい大きさに切ったもの。
  • は木を蒸し焼きにし、炭化させたもの。

また特徴もそれぞれ違います。

薪の特徴

  • 着火までの時間が短い
  • 炎が大きく上がり、揺らめきを楽しめる。
  • 暖をとるのに適している。
  • 火加減が難しい

炭の特徴

  • 着火までの時間が長い
  • 火力の調節がしやすい
  • 煙が出にくい。
  • 燃焼時間が長い。
このように特徴に違いがあるため、特徴にあわせて使うのが、おすすめです。

薪と炭の特徴に合わせた調理方法とは?

薪も炭も調理に使うことは可能ですが、特徴にあわせて調理すると、より美味しく作ることができます。

  • ダッチオーブンや鍋での煮込み料理。
  • 飯盒でご飯を炊く。

このような調理に適しています。

炎が大きく上がる薪では、火加減が難しいため、ダッチオーブンや飯盒を使うのがおすすめです。

また薪を使った焚き火の上で、串焼きや、鉄板などの調理をする際は、炎が落ち着いた状態である「熾火(おきび)」の状態にすることで焦げにくくなります

  • 網の上で肉や野菜を焼く
  • 串焼き

このような調理に適しています。

炭は燃焼時間が長く、遠赤外線効果もあるため、じっくり調理するのに適しています。

火力も薪に比べると安定しやすく、火力調節も炭を足すだけで出来ます。

それぞれこのような料理の調理に適しています。

薪や炭にも種類があるけれど、どんなものをつかったらいいの?

そんな疑問を持つ方もいらっしゃると思いますので、ここからは薪と炭の種類と選び方をご紹介いたします。

 

薪と炭の種類と選び方

薪や炭はキャンプ場やホームセンターで購入することが出来ますよね。

薪や炭はたくさん種類があって、どれを使ったらいいのかわからない。

という方もいらっしゃると思います。

そこで、薪や炭の種類を知り、目的に合わせて使っていきましょう。

薪の種類

薪は大きく分けて2種類に分けることが出来ます。

  • 針葉樹
  • 広葉樹

針葉樹」と「広葉樹」の違い

薪として、「針葉樹」と「広葉樹」はどう違うのでしょうか。

違いを見てみましょう。

針葉樹

  • 燃えやすいが火持ちが悪い
  • 柔らかいため、薪割りしやすい。
  • 軽い。

広葉樹

  • 燃えにくいが、一旦火がつけば火持ちがよい
  • 硬い木が多いため薪は割りにくい。
  • 重い。

という特徴があります。

また木の種類によっても、薪の持つ特徴は違います。

焚き火をする際に、薪の種類を知っておくことで、さらに効率的に行うことができますよ。

おすすめな針葉樹の薪

 

この投稿をInstagramで見る

 

ヒロのおやじ(@s.works168)がシェアした投稿

引用:Instagram

焚き火をする際、火付きが良い針葉樹は、最初に使うのがおすすめです。

よく使われる針葉樹の薪は

  • スギ
  • ヒノキ

が挙げられます。

スギ

  • 間伐材として、市場に多く出回っているため低価格で、ホームセンターやキャンプ場で販売されている。
  • 火おこしが簡単、火持ちはよくない

ヒノキ

  • 灰がすくないので、後片付けも簡単。
  • 火持ちしないので、着火剤として使うのがおすすめ。
  • ヒノキは独特の香りがするので、香りを楽しむのもおすすめ。

おすすめ針葉樹の薪

薪  焚火用 日本産ひのき 約17cm

針葉樹らしく、火の着きが良いので、焚き付けに最適です。

またサイズも小さめなため、小型の焚き火台にも最適です。

よく乾燥していて火の着きが良く、私は使いやすかったです。

またひのきの薪は香りがよく、癒やされました。

おすすめな広葉樹の薪

引用:Instagram

広葉樹の薪は火持ちがするため、長時間焚き火をする際に最適です。

広葉樹の薪は、以下のような種類がよく使われています。

  • ナラ
  • カシ
  • クヌギ
  • サクラ
  • ケヤキ

広葉樹の薪は種類が多彩なので、特徴も様々。

特徴を生かして使うと、焚き火をもっと楽しむことができますよ。

ナラ

  • 火の移りが良いので、細い枝から着火することができる。
  • 火持ちがいいので灰も少ない。

カシ

  • 着火がしにくい。
  • 乾燥している薪は割りにくい。
  • 火力と火持ちがよい
  • 値段が高め。
  • 煙が出にくいので煙の臭いがつきにくい。

クヌギ

  • 火の付きもよく、火持ちもいい
  • 密度が高い木で硬い。
  • ほのかな香りが心地よく、煙も少なめ。

サクラ

  • 燃やすといい香りが立ち上がる
  • 火持ちはカシなどに比べると長くはないが、火持ちはまあまあ。
  • 細く薪を割ることができる。
  • 料理するときにも、料理にいい香りが移って美味しくできる。

ケヤキ

  • 薪が硬く割りにくい。
  • 一度着火さえできれば長時間燃えてくれるため、経済的。
  • 炎が青みがかってきれい。
  • においがちょっと苦手な人もいる。

このように広葉樹は、薪も特徴が様々。

お気に入りの薪を見つけて、焚き火をすると楽しいですよ。

私は香りが良い、サクラの薪がお気に入りです。

おすすめ広葉樹の薪

広葉樹の薪 ソロキャンプ用 (焚付け付き)薪の長さ約17cm 

こちらの薪は、最初から焚き付け用の細い薪も入っているため、バトニングしなくても焚き火を始めることができます。

私も先日購入して使ってみましたが、小さめの薪が使いやすかったです。

炭の種類

炭は大きく分けて6種類に分けることが出来ます。

  • 黒炭
  • 白炭
  • マングローブ炭
  • おが炭
  • 着火加工成型
  • 竹炭

それぞれ特徴が違うため、用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

黒炭

  • 一番メジャーな炭で、ホームセンターなどで購入できる。
  • 火の付きがよいため、初心者にもおすすめ
  • 一度火が付けば、消えにくい。
  • 煙は出やすい。
  • 形が整っている。
  • 軽量、柔らかい。
  • 火力のコントロールがしやすい。

白炭

  • 高級炭である「備長炭」などがこの白炭。
  • 火の付きは、あまり良くない。
  • 一度火が付くと、長時間安定して燃焼することが出来る
  • 煙が少ない。
  • 灰が少なくすむ。
  • 重く、硬い。
七輪などでじっくり焼き物をするのに適しており、料亭などで使われるのはこの白炭です。

マングローブ炭

  • ホームセンターやネット通販などで購入出来る、安価な炭
  • 火が付きやすい
  • 炎が出やすく、煙が出やすい
  • 火持ちが悪い(1~2時間程度)
  • 灰が多い。

おが炭

  • 木材を製材する際に発生した、おがくずを圧縮加熱成形して作られる、「成形薪(オガライト)」を原料とした木炭。
  • 火が付きにくい。
  • 火持ちが良い。(4~5時間)
  • 煙やにおいが少ない。
  • 灰が少ない。

着火加工成型炭

  • 炭を圧縮成形して作られており、着火剤も一緒に練り込まれている。
  • 簡単に火が付くため、初心者におすすめ
  • 色々な形がある。(蜂の巣型、ちくわ型、豆炭型)
  • 湿気に弱い。
  • はぜる(小さくパンとはじけること)ことがなく安心。

竹炭

  • 空洞部分の多い竹を材料にしているため、木炭に比べると薄い。
  • 竹の複雑な性質により、うまく焼き上げることが難しいため、不良品・欠格品が多い。
  • 炭火としては、一部の使い方を除いてあまり適していない
  • 消臭剤などとして使うことが多い。

このように、炭にも種類があります。

用途にあわせて選ぶと良いですが、それぞれ値段も違いがありますので、予算とも相談して選ぶと良いでしょう。

値段が安い順  → 高い

マングローブ炭 < オガ炭 < 黒炭 < 着火加工成型炭 < 白炭

炭火に竹炭はあまり向いていないため、ほかの炭を使うのがおすすめです。

私は炭を使う際は、よくおが炭を使っています。

廃棄されるおがくずを使用しているので、エコな燃料としてもおすすめできる炭ですよ。

ここまで薪と炭、それぞれの種類と特徴をみてきました。

バーベキューでは、どっちの燃料をつかったらいいの?

そう悩む方もいらっしゃると思います。

そんな方にここからは、焚き火台でのバーベキューを楽しむ方法をご紹介いたします。

 

焚き火台でバーベキューを満喫!おすすめのやり方

バーベキューに使う燃料である、「薪」と「炭」についてここまでお伝えしてきました。

炭は火力調整がしやすいため、一般的にはバーベキューをするなら「炭」がおすすめです。

しかし炭火だけですと、焚き火好きの皆さんは、

せっかくのキャンプで、焚き火が楽しめない。

そんな悩みが出てきてしまいますよね。

でも大丈夫です。

薪は炭に比べると、火加減が難しいので、バーベキューには向いていないと思いがちですが、コツを知れば難しいことはありません。

また薪は炭に比べ、火の付きが良いので、早くバーベキューを楽しむことが出来ます。

コツを知って、焚き火とバーベキューを両方楽しみましょう。

バーベキューのやり方

 

この投稿をInstagramで見る

 

漢の子FREEDOM(@otokonokofreedom)がシェアした投稿

引用:Instagram

バーベキューをする時に必要な道具は、

  • 焚き火台
  • 火ばさみ、トング
  • マッチやチャッカマン、ファイヤースケーター
  • 耐火グローブ
  • 焚き火ウェア
  • 火消し壺
  • 耐熱シート
  • 灰スコップ
  • もしもの時の消火用の水

です。

多くのキャンプ場では、直火が禁止されています。

直火での焚き火は、地面へのダメージが大きくなりますので、焚き火台を使用するようにしましょう。

また焚き火台を使う場合、耐熱シートなどを敷くと地面へのダメージを与えずに済みます

バーベキューは以下の手順で行うことができます。

手順

  1. 焚き火台を置く場所を決め、設置する。
  2. 薪を用意する。
  3.  着火剤を用意する。
  4.  薪を組む。
  5.  実際に火を点ける。
  6. 食材を焼く。
  7. 後始末をしっかりする。

焚き火台を置く場所を決め、設置する

 

この投稿をInstagramで見る

 

Taketo(@takezoooo)がシェアした投稿

引用:Instagram

焚き火台は燃えやすいものから離して設置しましょう。

キャンプサイトの風下、テントからは3メートル以上間隔を空けておくようにします。

手順

  1. 耐熱シートを敷く。
  2. 焚き火台を組み立て、設置する。

火災に対する備えとして、消火するために水の用意は必須です。

また風が強い日は、火の粉が飛ぶため、焚き火を撤収することも重要です。

薪を用意する

薪は最初は軽く、燃えやすい針葉樹が良いでしょう。

針葉樹の中でも、杉の薪はホームセンターやキャンプ場などで販売しているのでおすすめです。

火がつきやすくするために、薪の太さも3種類用意します。

針葉樹の薪

  • 細い薪        小枝、または割り箸程度の細さの薪。
  • 中くらいの太さの薪  販売している薪の半分くらいの太さ。
  • 太い薪        販売しているそのままの薪の太さ。

最初は針葉樹の薪を使うことで、火の付きが良くなります。

針葉樹の薪は、バトニングやフェザースティックをすることで、より着火しやすくなりおすすめです。

火が安定してきたら、火持ちのする広葉樹の薪に変えると、良いでしょう。

広葉樹の薪

  • 中くらいの太さの薪  販売している薪の半分くらいの太さ。
  • 太い薪        キャンプ場などで販売している薪。

2種類の太さを用意することで、針葉樹の薪から火の移りがよくなります。

着火剤を用意する

焚き火の最初の火種として、着火剤を使用します。

おすすめ着火剤

ファイヤーライターズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

nao(@naosho08)がシェアした投稿

引用:Instagram

ファイヤーライターズは、マッチのように擦って火をつけるタイプの着火剤です。

これ一つで火がつけられるため、手軽に使えておすすめです。

私も使ってみましたが、この着火剤一つで、燃焼時間が8分もありました。

万能な着火剤で、是非使ってみてほしい一品です。

薪を組む

 

この投稿をInstagramで見る

 

@akahakaseがシェアした投稿

引用:Instagram

薪の組み方は、並列型がおすすめです。

並列型は単純な構造のため、組みやすく、薪の追加も簡単にできおすすめです。

最初は、着火剤と細い針葉樹の薪を組みましょう。

並列型の薪の組み方

  1. 一番下に枕木となる薪を置きます。
  2. 着火剤を置く。
  3. 1の枕木の上に並列になるよう薪を重ねていく。

広葉樹の薪は火の付きが良くないので、着火時には使わないようにしましょう。

実際に火をつける

ここまで準備ができたら、着火剤に着火します。

空気がきちんと通るようになっていれば、着火剤から細い薪へと火は移り、安定して燃え始めます。

焚き火の炎が弱いと感じる場合、小枝や割り箸など焚きつけ材になるものを足しましょう

食材を焼く

火が安定してきたら、薪の種類を針葉樹から広葉樹に変えましょう

針葉樹の薪は、煙や煤が多いことが多く、食材につくと風味が落ちてしまいます。

広葉樹の薪は、燻製をする際にも使われる、「サクラ」などをつかうと香りも良く、おすすめです。

厚みのあるお肉

  • ステーキ
  • ポークチョップ

などの場合

  1. 焚き火台に焼き網をにのせる。
  2. 焼き網にポークチョップやステーキをのせる。
  3. 強火で片面約10分焼く。
  4. 表面が好みの焼き色になったら、一度火から下ろす。
  5. 焼き目の付いた肉をアルミホイルに包み、5分程度余熱で火を通して完成。
  6. (ポークチョップなどの豚肉は、アルミホイルにくるんでから、再度火に10分程度かけて完成。)

このようにすることで、ジューシーにお肉を焼くことが出来ます。

焼き肉用の肉や野菜の場合は、

  • 焼き網
  • 鉄板

を使うことで、美味しく調理することが出来ます。

焼き網で焼く時

  1. 焚き火の火を熾火(おきび)*にする。
  2. 焚き火台に焼き網をのせる。
  3. 焼き肉用の肉や野菜をのせて焼く。
  4. 自分好みの焼き加減で完成。

*熾火とは薪が燃え切り、赤くなっている状態のことです。

熾火にすることで調理するときに火力のコントロールがしやすくなり、遠赤外線の効果により中まで火が通るようになります。

焼き網を使う際に、肉の脂が薪へ落ちると、炎が出る場合がありますので注意しましょう。

鉄板を使う場合

  1. 焚き火の火を熾火にする。
  2. 焚き火台に鉄板をのせる。
  3. 焼き肉用の肉や野菜をのせて焼く。
  4. 自分好みの焼き加減で完成。
私は焚き火でバーベキューの際は、鉄板を使うことが多いです。

鉄板を使うことで、下に油が落ちないので、焚き火台が油で汚れる心配が少なくなります。

ただし人数が多い場合は、焼き網の方が焼く面積が大きいのでやりやすいでしょう。

おすすめ鉄板

テンマクデザイン 男前グリルプレート

 

この投稿をInstagramで見る

 

まーる(@ma_ru_camp)がシェアした投稿

引用:Instagram

テンマクデザインの男前グリルプレートは、持ち手が付いており、使いやすいです。

鉄板がしっかりとしているので、安心して使うことが出来ます。

20㎝×14㎝程度の鉄板で、1~2名のバーベキューにはもってこいの一品。

毎回シーズニングすることで、油がなじみ、私はより使いやすくなってきたと感じています。

後始末はしっかりしましょう

焚き火が終わった後は、きちんと後始末をしましょう。

灰は自然にかえらないため、キャンプ場のルールに従って処理し、捨てることが大切です。

耐熱シートを敷いている場合、シートに灰をまとめて運ぶと、楽に片付けることができます。

また火消し壺を使うと、安全に早く鎮火できます。

焚き火の終わった後の焚き火台などは大変熱くなっているので、耐火グローブなどをし、火傷に気をつけましょう。

おすすめ火消し壺

ロゴス  ポータブル 火消し壺 

引用:Instagram

ロゴスの火消し壺は、耐熱性、携帯性に優れ、便利なキャンプギア。

蓋を軽く閉めるだけで火が消えてくれますし、蓋を閉めればこぼれる心配がないので、安心して使うことができます。

私はバーベキューを楽しんだ後の消火に必ず使っています。

自然に火が消えるのを待つのは、時間がかかりますし、完全に消化するため安全です。

おすすめ耐火グローブ

STANCO 耐火グローブ

 

この投稿をInstagramで見る

 

@jinpapa9がシェアした投稿

引用:Instagram

全米のアウトドア業界や、溶接業界から圧倒的な支持を持つスタンコ社製のグローブは、耐熱温度300℃と耐熱性に優れたグローブです。

耐久性もありますし、安心して使うことができます。

私は焚き火から落ちた木片を拾った際、このグローブのおかげで、熱さを感じることはありませんでした。

耐火グローブをしていると、火傷の心配がなく安心して焚き火をすることが出来ますね。

裏技!炭を使ったバーベキューの後に、焚き火は楽しめる!

バーベキューをするときは、慣れた炭火でしたいけれど、焚き火も楽しみたい。

そんな方もいらっしゃるでしょう。

安心してください。

簡単に炭火から焚き火へ、変えることが出来る方法がありますよ。

バーベキューで使った炭を種火として、薪へ火を移すだけで簡単に着火できます。

バーベキューから焚き火への手順

  1. 空気の通り道が出来るよう、立体的に炭を積む。
  2. 着火剤に火をつける。
  3. 炭に火が付くまで放置。
  4. 炭が白くなってきたら、調理しやすいように炭を並べ直す。
  5. 食材を置き、バーベキュー
  6. 残った炭を種火として、その上に薪を組む。
  7. 焚き火の手順同様、後片付けをしっかりする。

残り火がある状態の炭、バーベキューコンロは大変高熱です。

耐火グローブや、トングを使用し、火傷しないよう注意しましょう。

おすすめ火ばさみ

スノーピーク 火ばさみ

引用:Instagram

スノーピークの火ばさみは、薪や炭を持ちやすいよう設計されています。

熱い薪や炭などをつかんでも大丈夫なよう、しっかり設計されているので安心して使うことが出来ますよ。

持ち手が木製で格好よく、使うにつれてどんどん良い色になって、私のお気に入りのギアです。

バーベキューは焚き火でやると2倍楽しい!やり方はこれできまり! :まとめ

今回は、焚き火でバーベキューをする方法について、ご紹介しました。

炭火でのバーベキューは、もちろん美味しいのですが、薪を使った焚き火でバーベキューをすることで、焚き火自体も楽しむことが出来ます。

焚き火でのバーベキューのやり方を知って、もっとキャンプを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

-バーベキュー, 焚き火

© 2022 焚き火の神様 Powered by AFFINGER5