おすすめ チェア ローチェア 初心者 焚き火

焚き火で使うチェア何使っている?選び方&おすすめ商品を紹介!

焚き火で使うイスって種類がたくさんあって迷っちゃうな。
選ぶ時のポイントってあるのかな?

こんなお悩みを解決しちゃいます。

皆さんは、焚き火で使うチェアはどのように選んでいますか。

重すぎたり、大きすぎたりして駐車場から持ち運ぶのが億劫になってしまった方もいますよね。

私もプライベートでよく焚き火をしに、キャンプ場や施設に行くことが多いです。

1人なのであまり荷物が重くならないように心掛けているのですが、イスがいつも大荷物になって大変でした

色々なアウトドアショップや通販サイトを探しても、なかなか良い商品に巡り合えずにいました。

そんな時、焚き火仲間で作ったグループチャットでおススメされた焚火チェアがとても良かったので紹介します。

その他、選ぶ時のポイントやおススメ商品も紹介しています。

ぜひ、最後まで読んでみてくださいね。

 

焚き火チェアの種類

アウトドアチェアには大きく分けて「ロースタイル」と「ハイスタイル」の2種類があります。

ざっくり言うと、テーブルやチェアの高さを、高いものか低いものどちらで揃えているかによって決まります。

ロースタイルは高さが低いもの、ハイスタイルは高さが高いもので揃えているんです。

ここでは、ロースタイルとハイスタイルの特徴を見ていきましょう。

ロースタイルとは

低めのテーブル(約30cm~40cm)と低めのチェア(座面高さが約30cm~)を組み合わせるのが特徴です。

見た目もアウトドアっぽく、どのアイテムも高さがない分、空を視界いっぱいに捉えることができ、THE アウトドア感を味わうことが出来ます。

足を伸ばすことでリラックス効果も得られますよ。

私は、低いチェアから眺める空の景色も良いですが、山の中で緑を視界いっぱいに感じながらマイナスイオンを吸っているあの空気感もめちゃくちゃ好きです。

コンパクトで持ち運びやすいのもメリットの1つ。イスが低いので薪をくべる時もやりやすいです。

ロースタイル向けの商品が近年増えているのも、このスタイルの人気を表していますよね。

地面とほぼ同じ高さで座るお座敷スタイルも楽しいですよ。

デメリットとして、食事や調理がしづらかったり、立ち上がりにくいなどがあります。

焚き火を存分に楽しみたい人向けのスタイルとも言えますね。

ロースタイルに向いている人はこんな人

  • コンパクトさや軽量を重視している人
  • 静かで落ち着いた空間でリラックスしたい人
  • 焚き火をメインで楽しみたい人
  • ソロキャンプをする機会が多い人

ハイスタイルとは

一般的な高さのテーブル(約70cm)とチェア(座面高さ40cm~)を組み合わせたものです。

普段のおうちで食事をするのと同じ感覚で、食事や料理を楽しむことが出来るので、食事や会話を楽しみたいなどのグループで使う方はハイスタイルがおススメです。

また、一般的なBBQグリルの高さと同じなので、食材を焼きながら食べることも出来るので、食事の楽しみ方が増えますよ。

ただし、座面の沈み込みが大きいと、食べる時に前傾姿勢がとりにくい場合があるので、注意しましょう。

ハイスタイルのデメリットとして1番に挙げられるのが、荷物の重さです。

ハイスタイルのアイテムはどれも大きく、重いので注意してくださいね。

ハイスタイル向けの人

  • アウトドア料理や食事、会話をメインで楽しみたい人
  • カードゲームやボードゲームのゲームを楽しみたい人
  • ファミリーやグループで焚き火やキャンプをする人
  • 荷物が多くなっても問題なく運ぶことが出来る人

 

焚き火チェアの選び方

ここでは、焚き火チェアを選び方について解説しています。

焚き火チェアを選ぶ時のポイントは3つ。

それは、

  • 座面の材質
  • 重量・携行性
  • 耐荷重・フレーム素材

です。1つ1つ詳しく見ていきましょう。

座面素材

焚き火チェアは名前の通り、焚き火の側で使用しますよね。

そこで心配なのが、火の粉。

座面素材が燃えやすいと、火の粉が飛んできた時、とても危険です。

穴が開いたり、火傷をしてしまう恐れが。

そのため、安価で入手しやすいポリエステル素材はあまりおススメしません。

私の友達も以前、ポリエステル素材の物を使ったら、火の粉が飛んできて、背面の布が燃えてしまったという話を聞いたことがあります。

どうしてもという時は、耐火性のあるカバーで覆ってから使うようにしましょう

焚き火チェアでは、燃えたり溶けにくい難燃加工が施されたものがgood。

携行性

基本的にアウトドアチェアは、コンパクトに収納でき、携帯性に優れているものがほとんどです。

傘のように収納できるタイプや折りたためるタイプなど、種類がたくさんあります

移動手段が車だとしても、人数が多くなればなるほど荷物がかさばるので、収納タイプはチェックしておくようにしましょう。

また、重すぎると車からの持ち運びが大変になってしまうので、重量も気を付けましょう。

耐荷重・機能性

普通のチェアであれば、そこまで耐荷重を気にする必要はないと思いますが、お子さんを膝に乗せて使いたい場合などは、気を付けてみるようにしましょう

耐荷重量が大きければ大きいほどけんろう性が高いということなので、安心して体を預けることが出来ます。

私がおススメしている機能性の1つにリクライニングと言うものがあります。

最近では、リクライニング機能が付いている焚き火チェアも多く見られるようになりました。

リクライニング機能が付いていると長時間イスに座っていてもあまり苦にならないです。

ゆったりとくつろぐことが出来ます。

読書やお昼寝などを自然の中で楽しみたいなと言う人は、リクライニングがgood。

私が持っている焚き火チェアもリクライニング機能が付いています

押し倒すことが出来るので、森林浴をしながら寝転んで使うことも出来るし、焚き火の近くで炎を眺めながら星を観察することも出来てとても良かったです。

 

焚き火チェアおススメ5選

最後に、私がおススメする焚き火チェアを紹介しちゃいます。

概要欄のリンクも貼ってあるので、気になった方はリンク先に飛んでみてください。

それでは見ていきましょう。

【ハイスタイル向け】折り畳める軽量アウトドアチェア 4,977円

このアウトドアチェアは、通販サイトで1位を獲得した商品で、様々な面で高性能な焚き火チェア

4ステップで組み立てられて、オールシーズン使える優れもの。

ツーリングやフィッシング、BBQやキャンプでも活躍するアウトドアチェアとしても使えます

また、室内で使うことも出来るのでリビングや来客用にサッと出すことが出来るのも嬉しいポイント。

レッグキャップ、ショックコード、EPEピローの枕付き、肌触りが柔らかい素材、軽くて丈夫なジェラルミンフレームなど、細部までとてもこだわっている商品です。

生地素材にポリエステルを一切使っていないので、火の近くで使っても大丈夫。

厚手で丈夫な特殊加工織物生地と、暖かくて軽いコットンのような肌触りの2種類の素材から選べるので、敏感肌の人でも安心して使うことが出来ます

ケースも付いてるから、小物を収納するのにも役立ちますよ。

私の友達もこのチェアを使っていますよ。

片付けがとにかく楽で持ち運びが便利なのが1番の押しポイント

と言っていました。

【基本情報】

  • 素材:カチオン織物・ 中空糸生地
  • 本体重量:1.2kg
  • サイズ(使用時):58cm(幅)×67cm(奥行)×103cm(高さ)
  • サイズ(収納時):13cm(縦)×45㎝(横)15㎝(高さ)
  • 耐荷重:120kg
  • カラー:カチオン織物4色・中空糸生地4色

【ハイスタイル向け】リクライニング付き リラックス焚き火チェア 5,791円

リクライニング付きアウトドアチェアで、テレビ番組でも紹介されるほどの人気ぶりです。

無段階のリクライニングで最大で120°まで調節が可能になっています。

自分で微調整できるから、リラックスできる角度を探してみてください。

背もたれを倒すとフットレストも連動して動くから、全身をリラックスさせることも出来ちゃいます

ヘッドレスト、補助ロックレバー、アームレスト、負荷を分散させてくれるワイヤーゴムも付いています。

シートを吊り下げる構造になっているので、ハンモックのような体にフィットした感覚で座ることも出来ます。

この商品は私もよく使っています。座った時の座り心地がすごく良くて、そこからずっとこの商品を愛用しています。

室内でも使うことが出来るので、お家用とアウトドア用で2つ持っています。

【基本情報】

  • 素材:【シート】オックスフォード織・【フレーム】スチール
  • 本体重量:6.5kg
  • サイズ(通常時):61cm(幅)×83cm(奥行)×98cm(高さ)
  • サイズ(リクライニング時):61cm(幅)×150cm(奥行)×66cm(高さ)
  • 折り畳みサイズ:約13cm(横幅)
  • 耐荷重:120kg
  • カラー:4色

【ハイスタイル向け】ハイバックタイプの快適アウトドアチェア 9,898円

頭の高さまで座面があるから、ハイバックで全身を包み込んでくれるような座り心地

軽量だけど、頑丈なアルミフレームだから風が吹いても全然OK。

組み立てやすく、女性や初心者さんでも組み立てられちゃいます。

お家でインテリアとしても使えるこの商品。

お庭やベランダで使うのもgood

コンパクト収納だから持ち運びもらくらく。

肩にかけられる収納バッグ付きで、利便性も抜群ですよ

素材がポリエステルなので、火の近くではあまり使わないようにすると良いかもしれません。

【基本情報】

  • 素材:ポリエステル
  • 本体重量:3kg
  • サイズ(使用時):58cm(幅)×67cm(奥行)×103cm(高さ)
  • サイズ(収納時):13cm(縦)×45㎝(横)15㎝(高さ)
  • 耐荷重:150kg
  • カラー:2色

【ロースタイル】くるくる回る360°回転チェア 13,200円

座ったり、立ったりと何かと移動が多いアウトドアライフ。

このチェアは360°回転するから、料理をする時、クーラーボックスから物を取る時も移動しなくていいから、とっても楽ちん。

脚の先には砂地でもグラグラしない構造になっているから、海でも使えちゃう優れもの。

1つ持っておけば、海でも山でも自分の好きな場所でアウトドアを楽しむことが出来ちゃいます。

アームレストと背もたれ上部には、ウレタンパットでクッション性を保持しながらも柔らかい感触の素材を使っているから、長時間使っても全然疲れないです。

私は、1つお家のベランダで使っています。気づいたら午前中ずっと座ってたりしています。

めちゃくちゃ座り心地良くて、気に入っています。

【基本情報】

  • 素材:スチール・600Dポリエステル
  • 本体重量:約4.4kg
  • サイズ(使用時):72cm(幅)×55cm(奥行)×74cm(高さ)
  • サイズ(収納時):62cm(幅)×24cm(奥行)×25cm(高さ)
  • 耐荷重:約100kg
  • カラー:2色

【ロースタイル向け】キャプテンスタッグ リクライニングチェア 9,536円

3段階のリクライニング機能が付いたこちらのアウトドアチェア。通販サイトのレビューが最も高い商品になっています。

キャプテンスタッグと言うだけあって、お値段が少し高め。

でも、ロースタイル向けでリクライニングが付いてるものはあまり見かけないので、とっても魅力的ですよね。

持ち運ぶのも、収納袋が付いているから楽ちん

背面にポケットが付いていて、小物も収納できちゃいます。

本やスマホをしまうことが出来るので、リラックスタイムを満喫できること間違いなし

【基本情報】

  • 素材:〈脚部〉金属(アルミニウム合金)、〈背・背部〉金属(鋼)(表面加工=エポキシ樹脂塗装)
  • 本体重量:5kg
  • サイズ(使用時):63cm(幅)×72cm(奥行)×76cm(高さ)×
  • サイズ(収納時):25cm(幅)×22cm(奥行)×67cm(高さ)
  • 耐荷重:80kg
  • カラー:ブラック

焚き火で使うチェア何使っている?選び方&おススメ商品を紹介!まとめ

  • 焚き火チェアの種類
  • 焚き火チェアの選び方
  • おススメの焚き火チェア

について解説しました。

焚き火チェアはアウトドアの中でも一番使う時間が長いアイテムなので、ぜひ自分に合ったものを見つけてみてくださいね。

皆さんの焚き火ライフのお役にたてたらとても光栄です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

-おすすめ, チェア, ローチェア, 初心者, 焚き火

© 2022 焚き火の神様 Powered by AFFINGER5