コールマン 焚き火台

コールマンの焚き火台は初心者や炎を楽しみたい方におすすめ!! 

焚き火をしてみたいけど焚き火台は、どれがいいんだろう。
初心者が使いやすい焚き火台はコールマンがいいと紹介されたけど、どんな焚火台だろう。

初めて自分で焚き火台の購入を検討すると、どれがいいのか迷いますよね。

焚き火台を販売されている会社は様々あります。

その中でも今回はコールマンをピックアップしてみました。

コールマンの焚き火台には2モデルとオプションがあります。

薪の組み方が不慣れな初心者でも焚き火を楽しめるように設計された焚き火台。

デザインも魅力的で、簡単な手順で楽しい焚き火ができます。

今回は、その2モデルとオプションをご紹介いたします。

この記事を読めば、初心者の方や炎を楽しみたい方におすすめな理由がわかりますよ。

 

ファイアーディスク 

ファイアーディスクは特徴的なデザインで、おしゃれな焚き火台です。

組み立て方もとても簡単で、後片付けも楽なので、参考にしてください。

ファイアーディスクプラスは、ファイアディスクよりサイズが大きいだけで構造などは同じですので、使用する人数で、どちらにするか選んでくださいね。

サイズ

使用時 直径約45×高さ23cm
収納時 直径約46×高さ8.5cm 
重量 約1.6kg
材質 ステンレス 
耐荷重 約30kg

薪を置く部分がボウル状ですので、様々な薪の置き方が出来ますし、灰なども下に落ちにくく片付けが簡単です。

BBQなどの調理の際は、2~3人程度で使用できる大きさです。ソロでは充分に焚き火を楽しむことができますよ。

収納ケースがついていますので、持ち運びに便利です。

ファイアーディスクプラス

ファイアーディスクの大きいサイズになります。

サイズは大きくても、コンパクトに収納することが出来ます。

使用時 直径約60cm 高さ約23cm
収納時 直径約60cm 高さ約10cm
重量 約3.2kg
材質 ステンレス 

組み立て方や薪の組み方などはファイアーディスクと同様で簡単です。

大人数で焚き火などをするのに、丁度いいですよ。

超簡単 組み立て方

  1. 折りたたみテーブル状態なので、折りたたまれている足を広げる。
  2. 焚き火台が完成。
  3. 薪を乗せて、着火すると焚き火が楽しめます。

組み立て方は、他の焚き火台と比べても、とてつもなく簡単です。

ポイント 1

焚き火台の下にシートを敷いておく

焚き火の火から地面を守るためです。近頃ではマナーとされていますよ。

焚き火台シートは様々あります、次の関連記事で詳しくご紹介していますので参考にしてください。

ポイント 2

足部分がグラグラしない平坦になる場所に焚き火台を置きましょう

グラグラしていると、焚き火台が倒れる恐れがあって危険ですので、安全な場所で焚き火をしましょう。

環境や安全に配慮して楽しい焚き火をしましょう。

薪の組み方

薪の組み方は基本的に井桁型で組みますが、様々な組み方にチャレンジしてみるのも炎の形に違いが出て楽しいですよ。

メモ

井桁型

並行した2本の薪を縦横交互に重ねて作ります。

イメージとしては、”井”の形を上に重ねていく感じです。

この組み方をすることで、“井”の中に、上昇気流が発生します。

そうすると、燃焼効率がとてもよくなり、立ち上がる炎を楽しむことが出来ます。

用途ごとの薪の組み方例

井桁型など 焚き火を楽しむことが出来ます。

立ち上がる炎など様々な炎を楽しむことが出来ます。

並列型など 調理など炎を使った作業がしやすいです。

焚き火の炎を楽しんだ後に調理をする場合は、薪の組み方を工夫しておくといいですよ。

網が付属されていますので、網焼きを楽しめます。

友人と焚き火台を囲みながら焼肉はとても楽しいですよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NISEKO焚火會(@niseko_fire_gathering)がシェアした投稿

片付けは、ディスクの表面がツルツルな加工されているので、さっと拭くだけで汚れが落ちます。

やはり、片付けが楽なほうが楽しい気持ちのまま終わることが出来ますよね。

 

オプションパーツ

こちらでは、ファイアディスクで使用できるサイズのオプションをご紹介します。

オプションを付けることによって、調理できる範囲が増えますし、安全に焚き火を楽しむことが出来ますよ。

ダッチオーブンスタンド

このスタンドを使用することでダッチオーブンが直接焚き火台に触れないようにできます。

コンパクトな製品ですが、しっかりとダッチオーブンを乗せて調理することが出来ますよ。

使用時 約15×15×5cm
収納時 約15×2×5cm
重量 約280g
材質 ステンレス 

ダッチオーブンで、カレーなどの煮込み料理やパスタを茹でて食べるのも楽しいですよ。

スパークシールド

こちらは、焚き火をしているときの、飛び跳ねる火の粉を防いでくれるものです。

火の粉が飛んできて、ヤケドをするなどの事故を防いでくれますので安心ですよ。

サイズ 42×42×8cm
重量 940g
材質 ステンレス

 

ステンレスファイアープレイスⅢ

付属されている網でBBQが楽しめる焚き火台です。

ハンドル部分を五徳にすることができるため、フライパン調理、更にはダッチオーブン調理もすることができます。

サイズ

使用時 約41.5×46.5×34.5cm
収納時 約41.5×30.5×15.5cm
重量 約5.7kg
材質 ステンレス 

組み立てると井桁型なので、燃焼効率がとてもいいです。

ネックとしては、ガンガン燃えるので薪の消費が多めです。その分キャンプファイヤーが楽しめますよ。

重さはありますが、見た目がカッコいいので、人気があります。

組み立て方

組み立て方も簡単です。

焚き火で使用する場合BBQで使用する場合で組み立て方が少し違いがありますので、説明書で確認してください。

次の動画ではステンレスファイアープレイスⅢだと、どんな焚き火になるのかご紹介していますので、ご覧ください。

 

コールマンの焚き火台は初心者や炎を楽しみたい方におすすめ!!:まとめ

コールマンの焚き火台は、初心者でも簡単に楽しく焚き火ができますね。

初めて自分で焚き火をするときには、難しいことはなしで、楽しくしたいものです。

焚き火は見ているだけで、癒されリフレッシュできますよ。

焚き火に慣れてきたら、薪の組み方を工夫して、様々な炎を楽しむこともおすすめです。

数人誘って焚き火や料理を楽しむのはいかがですか。

 

スポンサーリンク

-コールマン, 焚き火台

© 2022 焚き火の神様 Powered by AFFINGER5