おやつ 焚き火 焚き火台

焚き火でできる簡単なおやつ13選!定番からアレンジ方法まで大公開

 

焚き火でどんなおやつが作れるの?簡単に作れるおやつって何?

そんな疑問にお答えします。

みんなで暖をとって焚き火を囲みながら、おしゃれなおやつやデザートを簡単に作って食べたい!

焚き火で作る料理はいつもより美味しく感じますよね。そのなかでも楽しみといえばおやつ。

この記事では、子供から大人まで参加できる簡単なレシピで、オシャレで美味しいものを紹介していきます。

最後まで読めば、きっと試してみたくなるおやつに出会えると思いますよ。

 

焚き火でできるおやつの定番:マシュマロ編

焚き火料理でマシュマロは定番ですね。

今回はそのまま焼いたものと、ビスケットに挟む食べ方を紹介していきます。

マシュマロをそのまま焼いてみよう

引用:インスタグラム

もはや定番ですね。作り方はいたってシンプルです。

<作り方>

串にマシュマロをさして火の上でクルクル回し、表面にシワができてきたら完成です。

早い段階で焦げてくるので注意してください。

私はマシュマロの食感が苦手なのですが、炙って食べたら全く違うスイーツになります。トロトロして甘くて美味しいですよ。

子供にはカラーマシュマロをチョイスしてあげましたが、カラフルな色合いでさらに大喜びしていました。

スモア

引用:インスタグラム

焚き火でするおやつの中では、こちらも定番ですね。作り方も簡単です。

<作り方>

先ほどと同じように、マシュマロを串にさしてクルクル回しながら焼いていきます。

マシュマロの表面が溶けてきたら、チョコを乗せたビスケットに挟み、そのまま串を外せば完成です。

もう少しチョコをトロトロにしたいという人は、マシュマロと一緒に炙るといいですよ。

マシュマロの代わりに、私の場合は炙ったキャラメルを挟んだり、ピーナッツバターをのせて焼いたりしてアレンジしています。

ビスケットがあれば中身を変えたものをお皿に並べるだけで、ちょっとしたパーティープレートが完成します。

ポイント

ビスケットの種類を変えてみるのもいいですね。小さくて食べやすいのでいろいろな味にチャレンジしてみてはどうでしょうか。

 

焚き火でできるおやつの定番:おもち編

お餅は持ち運びしやすく保存もきくので、焚き火にはぴったりの食材です。

ここではお餅を使ったおやつを2つ紹介していきます。

おしるこ

 

この投稿をInstagramで見る

 

solo camper kazuma(@asb2373)がシェアした投稿

引用:インスタグラム

あずき好きにはたまらない一品ですね。

作り方も簡単なので、試したことがない人はぜひやってみてください。

<作り方>

網の上にお餅とあずき缶を乗せ、そのまま焼いていくだけです。

ぷくっと膨らんだお餅を缶の中に入れたら完成です。

写真のようにあずきをお鍋に移してもいいですが、洗いものを増やしたくない人は、缶のまま温めても大丈夫ですよ。

我が家ではお正月によくやります。寒い中で食べるおしるこは子供たちからも好評です。

また余ったお餅があれば、次に紹介する揚げ焼きにチャレンジしてみましょう。

おもちの揚げ焼き

 

この投稿をInstagramで見る

 

ベランダ飯(@veranda_meshi)がシェアした投稿

引用:インスタグラム

お餅を焼いてお醤油をかけるだけでもいいですが、ひと工夫するだけでもっと美味しいレシピになります。

<作り方>

お餅をそれぞれ4等分に切っておきます。油を多めにひいたプライパンに、お餅同士がくっつかないように並べます。

弱火で焦げすぎないように転がしてください。いい感じで焼けてきたら砂糖をまぶし、別の皿に移します。

そこに塩を少々、最後にハチミツをかけたら完成です。

外はカリッと、中はもちもちで美味しく、たくさん作ってもあっという間に無くなりました。

ポイント

甘すぎるのが苦手という人は、最後の塩とハチミツをお醤油に変えてみましょう。砂糖醤油の甘辛い味が絶品ですよ。

 

焚き火でできるおやつの定番:ホットケーキミックスを活用しよう

ホットケーキミックスはケーキやクッキーが簡単に作れる魔法の粉です。

自宅でもよく使という人も多いのではないでしょうか。

卵と牛乳があればすぐに生地が完成する手軽さも、焚き火にぴったりの食材といえますね。

今回は、より簡単に作れるおやつを2つ紹介していきます。

バウムクーヘン

 

この投稿をInstagramで見る

 

kaori(@kaori.19)がシェアした投稿

引用:インスタグラム

焚き火でバウムクーヘンが作れるのと驚くかもしれませんが、これも簡単に作れるんです。

<作り方>

芯棒アルミホイルを巻きつけ、生地(ホットケーキミックス)を流しかけます。

必ずクルクル回しながら焼いてください。表面が焼けたら同じようにホットケーキミックスを巻きつけるようにかけ、再度クルクルと回しながら焼きます。

程よい大きさになるまで繰り返してください。最後は芯棒から剥がせば完成です。

お友達とお話しながら焼いていると、あっという間に出来ちゃいました。サクサクで、しっかりと層になっていてお美味しかったです。

ポイント

しっとり焼くコツは、弱火よりも強火でさっと焼き上げることです。途中から生地の中にココアを混ぜると、簡単に2層のバウムクーヘンになるのでやってみてくださいね。

パンケーキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

tomoya(@tomoyan726)がシェアした投稿

引用:インスタグラム

こちらも作り方は簡単で、ターク(フライパン)があれば簡単にできます。

<作り方>

ホットケーキミックスを用意しておき、タークの上で焼きます。

焦げやすいので弱火でやるのがコツで、表面に泡がポツポツしてきたら裏返しましょう。

両面しかりときつね色になったら完成です。

お好みでメイプルシロップやチョコレートソース、バターなどをかけましょう。

私はシナモンパウダーをかけて食べるのが好きです。

イチゴなど季節に合わせたフルーツを添えればオシャレに美味しくいただけますよ。

 

その他おすすめのおやつを紹介

そのほかにも、焚き火で美味しいおやつはたくさんあります。

私が試してみて美味しかったおやつを、7つ紹介していきます。

ホクホク焼き芋

 

この投稿をInstagramで見る

 

黒蕨 拓矢(@t.kuro_3373)がシェアした投稿

引用:インスタグラム

焚き火が初めてという人も、焼き芋だと子供の頃に一度はやった経験があるかもしれませんね。

<作り方>

アルミホイルにサツマイモを包み、焚き火の中に入れるだけです。

アルミホイルが黒く焦げてしまいますが気にしなくて大丈夫、そのまま30分放置すれば完成です。

焼き芋を半分から割って食べると、ホクホクで甘くて美味しいですよ。

馴染みのある食材なのでアレンジが効きやすく、食べきれなかった分は保存もきくのでおすすめです。

私はハチミツをかけたり、バターを乗せたりちょっとアレンジを加えて食べています。一押しはあんこ乗せです。

カマンベールのナッツ&ハニー

 

この投稿をInstagramで見る

 

うるちゃん(@tm.ururun)がシェアした投稿

引用:インスタグラム

チーズはなんでもいいですが、今回紹介するのはカマンベールです。

<作り方>

作り方はシンプルで、鉄板やフライパンの上にカマンベールチーズをおき、その上にお好みでナッツなどをのせます。

チーズが少し溶けてきてハチミツをかけたら完成です。

チーズなのでおやつ以外にも幅広く使えます。

私の場合、スキレットの中にカマンベールを入れて焼きます。

カマンベールの周りで好きなお野菜を一緒に焼きましょう。

チーズが溶けたら、先ほど焼いた野菜やウインナー、バケットなどをつけて食べれば、簡単にカマンベールフォンデュが楽しめちゃいます。

甘さと辛さがいい感じで、ビールやワインのおつまみにもおすすめです。

子供も楽しいポップコーン

 

この投稿をInstagramで見る

 

takibi_shingo(@takibi_3110)がシェアした投稿

引用:インスタグラム

ポップコーン作りは簡単です。ポンポン弾けるポップコーンは、子供も一緒に楽しめるのでおすすめです。

<作り方>

フライパンやメスティンにオリーブオイルを敷き、そこにポップコーン用の豆を入れます。

あとは豆をフリフリ揺らしているだけでokです。ポップコーンが弾けてくるので必ず蓋をしてくださいね。

お好みで塩をかければ完成です。

塩味以外にもいろいろな味が楽しめます。

最初のオリーブオイルの代わりに、水と砂糖を入れます。しばらくしていると茶色くなってくるので、そこに豆を入れ同じようにフリフリするだけ。

カリカリ美味しいキャラメルポップコーンの出来上がりです。

私はバター醤油にしたり、七味唐辛子をかけおつまみにしたりと、ポップコーンのアレンジを無限に楽しんでいます。

ポイント

イチゴ味、カレー味など色の組み合わせをカラフルにすれば、写真に撮っても可愛いですよ。

焼きチョコバナナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takayanagi Junichi(@takayanagi_junichi)がシェアした投稿

引用:インスタグラム

そのままでも十分甘いバナナですが、焼くとさらに甘くなるんですよ。

<作り方>

皮を片面だけ剥き、バナナの真ん中に包丁で切れ目を入れます。

その切れ目にチョコレートを挟み、網に乗せて焼けば完成です。

焼いているうちにバナナが柔らかくなってくるのがわかるので、そのときが食べ頃です。

早い段階で皮が焦げてしまいますが、気にしなくて大丈夫ですよ。

私の場合はチョコなしで、皮もむかずに丸ごと網で焼いて食べるのが好きです。

シンプルですがバナナの甘さがあるので、それだけで十分スイーツになります。

また、エクアドルでは焼きバナナにチーズをのせる食文化があります。組み合わせは意外と感じるかもしれませんが、食べてみると美味しいですよ。

焼きバナナチーズもぜひ試してみてください

フレンチトースト

 

この投稿をInstagramで見る

 

だい(@dai.0031)がシェアした投稿

引用:インスタグラム

女性に人気のフレンチトースト、焚き火で調理すればもっと美味しくなりますよ。

<作り方>

食パンを好みの大きさに切ります。卵、牛乳、砂糖を混ぜ、食パンを浸します。

フライパンにバターを溶かし、パンを入れ弱火でじっくり焼きます。

ひっくり返してもう片面も焼きます。メープルシロップをかけたら出来上がりです。

パンの側面も焼くと美味しいですよ。

私はその上にシナモンパウダーをかけて食べます。

先ほどの焼きバナナを切って、一緒に盛り付けてもオシャレに美味しくいただけますよ。

ポイント

バケットで作る場合は、浸す時間を長くすることをおすすめします。

ディズニー公式チュロス

引用:インスタグラム

去年ヒルナンデスで紹介されて話題になった、ディズニー公式サイトが公開したチュロスです。

焚き火料理でチャレンジした人も多いのではないでしょうか。

工程がちょっと多いで、ほかのおやつより詳しい作り方を載せおきます。

<作り方>

中力粉150gに対し卵は3つ用意します。薄力粉や強力粉でも代用できます。

鍋に水240ccとバター114g、塩、シナモンを入れ中火にかけます。沸騰したら弱火にし中力粉を混ぜます。

全体がまとまってきたら火からおろし、濡れ布巾の上などで5分ほど休ませます。

生地に卵1つ加えかき混ぜます。生地を大きめの星形の口金をつけた絞り袋に入れ、揚げ油に生地を絞り出します。

お好みの長さでスプーンで切り離し、油の中に落としていきましょう。

きつね色になったら取り出してください。チュロスにグラニュー糖100gとお好みでシナモンをふりかければ完成です。

作って食べてみましたが、まさにディズニーで食べたあの味が再現できました。

写真のようにミッキーの形にして揚げてもかわいいですね。

ポイント

生地にココアパウダーやイチゴパウダーを混ぜるのもおすすめです。

難しそうに感じますが、案外失敗しないので気軽に試してみてください。

いろんな味のパイ

引用:インスタグラム

写真はチョコパイ、グラタンパイ、ミートパイを載せています。

パイシートとたい焼き器があれば簡単に出来ちゃいます。

<作り方>

たい焼き器の上にパイシートを敷き、チョコレートやお好きな具材をのせて、挟んで焼くだけです。

作り方を記載しなくてもいいほど、簡単に出来ちゃいますね。先ほどまで紹介したおやつに、余りがあれば具として挟んでもいいと思います。

たい焼き器がないという人もいると思います。そんな人にはパイシートを使ったグルグルウインナーもおすすめです。

作り方はシンプルで、串を刺したウインナーに細長く切ったパイシートを巻きつけていくだけ。

あとはマシュマロのように焚き火で焼いてください。

サクサクしたパイ生地とウインナーがとっても美味しいですよ。

 

市販のお菓子を焼いてみよう

 

いろいろ材料を用意するのは面倒だという人は、市販のお菓子を焼くだけでも美味しくなりますよ。

こちらが焼いてみて美味しかった、市販のお菓子の一覧です。参考にしてみてください。

カントリーマウム

パイの実

コンビニスイーツ(バウムクーヘンやガトーショコラなど)

市販のクッキーやカップケーキ

袋のままちょこっと持っていけるのも嬉しいポイントですね。

おやつに時間をかけたくないけど、食後にちょっと食べたいという人はぜひ市販のもので試してみてくださいね。

 

焚き火でできる簡単なおやつ13選!定番からアレンジ方法まで大公開:まとめ

焚き火で食べるおやつは、普段より何倍も美味しく感じますよね。今回紹介したものは、どれも簡単にできるものばかりだったと思います。

まだ試したことがないレシピがあったという人は、これを機会にチャレンジしてみてくださいね。

合わせて読みたい

焚き火でできる!マシュマロを使ったデザート料理レシピを大公開!

続きを見る

焚き火で簡単デザート激ウマおすすめ5選!アレンジレシピ付き

続きを見る

 

スポンサーリンク

-おやつ, 焚き火, 焚き火台

© 2022 焚き火の神様 Powered by AFFINGER5