リフレクター 焚き火

焚き火で使うリフレクターって?金属製のメリットデメリットとは

リフレクターを使いたいけどどんな素材が良いの?

金属製のリフレクターってどうなの?

と疑問の方にお答えします。

焚き火に使うリフレクターは現在数多く種類があります。

その中から今回は金属製のリフレクターについて取り上げています。

リフレクターはおもに布製と金属製に大別できます。

私はリフレクターを使用する際には金属製を主に使っています。

金属製は使い勝手が良くキャンパーにも評判です。

実際にはどのようなものなのか詳しく見ていきましょう。

この記事を見ればリフレクターの素材で迷うこと無し。

ぜひ最後まで御覧ください。

 

リフレクターとは

ここでリフレクターについて軽く復習しましょう。

ゆらゆらと揺らめく火をみながらゆっくりとできる焚き火。

キャンプの醍醐味といったらやっぱり焚き火でのくつろぎタイムですよね。

そういったときに活用してほしいのが焚き火りのリフレクターなのです。

焚き火の魅力を最大限引き出してくれるだ焚き火専用のギア

本来の意味は反射板で風防を指します。

冬のキャンプや高原などの風が強い場所では火が安定しないことが多いです。

リフレクターを活用すればキャンプの負担が減ります。

それ以外にも様々な使い道があり、初心者からベテランのキャンパーまで幅広く愛用されているアイテムです。

その中でも金属のリフレクターが一般的です。

次にリフレクターの効果について詳しく見ていきましょう。

 

リフレクターの効果

ここでは詳しくリフレクターの効果について見ていきましょう。

風を防ぐ以外にも使い道があります。

事前に確認しておき、有効な活用方法を確認しておきましょう。

防風効果

リフレクター最大の利点は防風対策。

焚き火が強い風晒されてしまうと火の粉が飛んで火事を起こしてしまいます。

また煙が大量にでて他のキャンパーにも迷惑をかけてしまったり。

このような事を防いでくれるのです。

使用すると焚き火への気苦労が減った印象があります。

熱の反射

これも大事なところ。

リフレクターには、反射する(reflect)という意味があります。

焚き火の熱を反射させることで、通常よりも暖かく過ごすことができます。

冬キャンプには欠かせないですね。

外からの冷たい風の吹きこみを防ぎ、暖かい空気を囲って逃がさない効果があります。

体感温度では数度ほど変わったりもします。

目隠し

都市近郊でのキャンプ場ではテント同士の距離が近くなることありますよね。

周りの目が気になると思う事はありませんか。そんな時にもリフレクターは活躍します。

リフレクターはキャンプで一般的に使われるグッズですので気になるところ置くと良いでしょう。

他のキャンパーから違和感を覚えられることがないといったメリットもあります。

インテリアとして

なんと言ってもリフレクターは写真映えがかなりいいのです。

私の主観なのですがリフレクターを用いるとキャンプの楽しさが増すと思います。

視線を遮るので他に注意が向くとこもなく、ゆったりとリラックスできるのです。

火が安定する事で料理やお湯を沸かす時のストレスも軽減します。

ノンストレスで焚き火に癒されながらキャンプを楽しみたいなら、ぜひ持っておきたいアイテムです。

 

金属製リフレクターのメリット・デメリット

続いては金属製リフレクターの利点、欠点について見ていきましょう。

キャンプでは場面や用途によって道具を使い分けることが必要です。

しっかり確認しておきましょう。

メリット

設営も簡単!

焚き火料理をする時に向いています。

汚れがついても手入れがしやすい

比較的安価

メリットとしては簡便差が挙げられますね。

とくに設営やお手入れの手間などはとても魅力的。

布製のリフレクターにはないメリットですね。

やはりキャンプで面倒と思うことは時間がかかること。

せっかく来たのに準備で時間をとられるのはちょっと。

という方にはとってもピッタリな焚き火ギアだとおもいます。

デメリット

比較的重い

かさばる

大人数には不向き

このデメリットですが重量やかさばるは比較的ですのでものを選べば1kg以下のものあります。

またリフレクターは大人数よりも少人数で使用することが多いので用途によって使い分けましょう。

基本的にリフレクターは金属製のものの方が性能が良いと思います。

特に焚き火を重視するのであれば欠かせないでしょう。

料理や暖を取る時の快適具合が桁違いです。

ソロキャンでは必須と言っても良いでしょう。

多い人数であれば焚き火を囲むようにすることが多いので、リフレクターは無い方がいいですね。

キャンプの時はどうしても荷物が多くなりがち。

そんな時でも金属製のリフレクターは持っていくことが多いですね。

 

おすすめリフレクター4選

金属製で使いやすいリフレクターをご紹介致します。

今は様々なメーカーが各ブランド商品が出ています。

大型のしっかりしたものから小型で軽量なタイプもあり用途によって使い分けが可能です。じっくりみて購入を検討してみてください。

ウインドスクリーン(ユニフレーム)

 

この投稿をInstagramで見る

 

koji(@gangake1970)がシェアした投稿

最初にご紹介するのはユニフレーム製のリフレクターです。

ユニフレームはとても歴史があるブランドです。

金物のまち、新潟県燕市のメーカー。

「ユニークな炎(フレーム)創造する」という理念のもと1985年に創設されました。

ガスバーナー用ですが焚き火用のリフレクターとしても使用可能です。

チェック

展開サイズ:幅445×奥行250×高さ190(mm)

収納時サイズ:幅245×奥行190×高さ50(mm)

材質:ステンレス鋼

重量:1.1kg

ウインドスクリーン(キャプテンスダック)

続いてはキャンプテンスダック製のリフレクターです。

Amazonや楽天で展開しているアウトドアブランドです。

種類も豊富で様々な焚き火ギアを揃えています。

この商品には炭トングも付いているので火の調整に一役買ってくれそうですね。

チェック

展開サイズ:幅930×奥行450×厚さ6(mm)

収納サイズ:幅470×奥行200×厚さ30mm

製品重量:2kg

材質:ステンレス鋼

ウインドスクリーン(YOLER)

2015年に中国江蘇省蘇州市で創設された比較的新しいアウトドア用品総合ブランドです。

ここもAmazonや楽天で展開しています。

YOLER社製ものは表面加工は高品質の亜鉛メッキを使用しており、耐摩耗性と耐久性に優れています。

この亜鉛メッキは防錆性能が高く評価されているもので、お手入れも楽ちんで長く使用することができます。

チェック

長さ120cm×高さ40cm

重量:1.46kg

材質:ステンレス製

ウインドシールド(イーピーアイ)

このウインドシールドはオレンジ色でとても目立つ色合いをしています。

一目で気に入りました。

やや小型のサイズですがその分軽量で持ち運び抜群です。

ちょっとした焚き火に良さそうですね。

本格的なキャンプというよりはちょっとした焚き火におすすめ。

手軽に使いたい、という方にピッタリ。

チェック

使用時サイズ:幅240×高さ607(mm)

重量:221g

材質:アルミニウム

焚き火で使うリフレクターって?金属製のメリットデメリットとは:まとめ

今回は金属製のリフレクターについてご紹介致しました。

普段の焚き火で活躍するリフレクター。

その使い方は風防から焚き火の効率化、陣幕やインテリアとしても使用可能です。

メリット、デメリットも併せてみて来ました。

最大のメリットはやはり金属特有の手入れのしやすさでしょうか。

サビ止めがされている商品も載せています。

実際ご紹介したのは5つですが最近はどんどんと増えて来ています。

これからも焚き火にはかかせないリフレクターに注目していきたいですね。

どんどんキャンプライフを豊かにしていきましょう。

買って損なし!焚き火が楽しくなるYOLER製のリフレクターとは

続きを見る

焚き火ならこれが必要!軽量なリフレクターを選ぼう【おすすめ4選】

続きを見る

風を遮って快適に焚き火をしよう!おすすめリフレクター7選!

続きを見る

 

スポンサーリンク

-リフレクター, 焚き火

© 2022 焚き火の神様 Powered by AFFINGER5