リフレクター 焚き火

風を遮って快適に焚き火をしよう!おすすめリフレクター7選!

焚き火リフレクターって必要?使うならどんなものがいいの?

このような疑問にお答えします。

開けた場所や河原、砂浜では風が強いことがありますよね。

そんなときに大活躍するアイテムが、「焚き火リフレクター」です。

焚き火はしても、リフレクターは持っていないという方も多いかもしれません。

私も以前は、焚き火リフレクターなんていらないのでは?

と思っていました。

しかし使ってみると、焚き火が格段にしやすくなり、今では欠かせないギアになっています。

今回は焚き火リフレクターが必要な理由と、おすすめの焚き火リフレクターをご紹介いたします。

焚き火リフレクターを使うと、風の影響を受けづらくなり、炎も安定します。

また火の粉が飛びにくくなるため、安全に焚き火をすることができますよ。

おすすめの焚き火台リフレクターを、是非活用してみてくださいね。

 

焚き火リフレクターって何?

出典引用:ロゴスショップ公式オンライン店HP

河原や砂浜、開けた場所での焚き火は、風が強い場合もありますよね。

そんなときに便利なキャンプギアが、焚き火リフレクターです。

焚き火リフレクターは、風から焚き火の火を守るアイテムです。

効果としては

  1. 風を遮る。
  2. 反射熱で暖かい。
  3. 反射熱の効果で、燃焼効率が良くなる。
  4. 光を反射することで明るい。
  5. 焚き火の管理がしやすい。

ということがあげられます。

風を遮る

焚き火リフレクターを使用することで、風で火の粉が飛んでしまったり、煙が広がるのを防いでくれます。

焚き火での調理時に風が吹くと、灰が入ってしまうことがありますが、リフレクターがあると入りづらくなるのも良いところです。

また着火時にも、風がないことでより火が付きやすくなります。

風が遮られることにより、火力も安定し、火も長持ちするので薪の節約にもなりますよ。

反射熱で暖かい

焚き火リフレクターを使用しない場合、焚き火の熱は周囲に放出されてしまいますよね。

せっかく焚き火で暖をとろうとしても、なんだかあまり暖かさを感じないなんてこともあります。

焚き火リフレクターを使うことで、焚き火の熱が反射し、じんわりとした暖かさを芯から感じることができるようになります。

より暖かさを感じたい場合は、金属製のリフレクターがおすすめです。

布製のモノに比べ、金属製は熱の反射が大きいので暖かいですよ。

ただし使用後の焚き火リフレクターは、大変熱くなるので火傷に注意です。

反射熱の効果で、燃焼効率が良くなる

焚き火リフレクターを使うことで、風の吹き込みをなくし、焚き火の熱を逃さないようにすることができます。

焚き火台の周りは熱が逃げないので、燃焼効率が上がり、少ない薪で高火力を出すことができ、調理もしやすいです。

少ない薪で効率よく暖がとれるので、薪の節約ができますね。

光を反射することで明るい

 

この投稿をInstagramで見る

 

shigeki.ensui(@shige08camp)がシェアした投稿

引用:Instagram

焚き火リフレクターを使用すると、焚き火の光も反射して絞られ、普通にするよりも明るく照らしてくれます。

より明るくしたい場合は、布製のリフレクターよりも金属製のリフレクターがおすすめです。

私も金属製のリフレクターを使用していますが、焚き火近くは他の光源がいらないほど明るくなりますよ。

焚き火の管理がしやすい

風を遮ることで、炎が安定するため、焚き火の管理がぐっと楽になります。

少ない薪で高火力を出せるため、効率的ですし、燃え残りしにくくなります。

私は焚き火リフレクターを初めて使って調理をした際、風がないだけで、火の管理がしやすいと感動しました。

調理するときはもちろん、焚き火だけを楽しむ際も、リフレクターは大活躍のギアです。

また布製の焚き火リフレクターは、キャンプのキッチンレイアウトに効果的です。

キャンプサイトをおしゃれにしたい方にも、おすすめです。

そんな便利なキャンプギア、焚き火リフレクターは、持ち運びのしやすいものから、キャンプサイトを覆う陣幕タイプまで、様々な種類があります。

それぞれ利点があり、用途に応じて選ぶとよりキャンプが快適に過ごせます。

ここからは焚火リフレクターの種類について、ご紹介いたします。

 

焚き火リフレクターの種類を知ろう

焚き火リフレクターを調べると、いろいろな種類があることがわかります。

キャンプ場でも、色々な形を見かけると思います。

焚火台リフレクターってどんな種類があるの?また特徴や効果に違いはあるの?

そんな疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

焚き火リフレクターにはどんな種類があるのか、またそれぞれの特徴についてご紹介いたします。

焚き火リフレクターの種類

焚き火リフレクターは、”材質”、”サイズ・用途”で種類を分けることが出来ます。

焚き火リフレクターの材質は、

  • 金属製のもの
  • 布製のもの

があります。

またサイズ・用途で分類すると、

  1. 焚き火スペース用の金属風防 。
  2. キャンプサイト用の陣幕。
  3. 焚き火スペース用風防幕。

にわけることができます。

それぞれの特徴をみていきましょう。

焚き火スペース用の金属風防 

 

この投稿をInstagramで見る

 

mmiieeiimm(@mmiieeiimm)がシェアした投稿

引用:Instagram

焚き火台の後ろに囲う様に設置するタイプ。

メリット

  • コンパクトで設置の手間は少ない。
  • 布製に比べ、反射熱が得やすい。
  • 反射熱の効果が高いので、調理がしやすい。

素材もアルミや亜鉛メッキやステンレスなどがあります。

またリフレクターを焚き火台に取り付けて使うことができるタイプもあります。

デメリット

  • 焚き火終了後もリフレクターが熱いため、火傷の危険性がある。
  • 設置が簡単な反面、固定しないので倒れやすい。

キャンプサイト用の陣幕

 

この投稿をInstagramで見る

 

purusan263(@purusan263)がシェアした投稿

引用:Instagram

キャンプサイト用の大きい陣幕タイプのリフレクターは、広い範囲をカバーできます。

メリット

  • 金属製に比べると、風にも強く倒れない。
  • 布製なのでカラーを選べることも魅力。
  • 目隠しとしても使える。

テントやタープに合わせてリフレクターを選ぶと、キャンプサイトのおしゃれを楽しむことができます。

デメリット

  • 設営時に張り綱を張ったり、ペグで固定する必要があるため手間がかかる。
  • 金属製に比べ値段が高い。
  • 金属製に比べ大きいため、コンパクトさが欠ける。
  • 防火仕様にはなっているが、あまり焚き火の近くに置くと火の粉が飛んで穴が空く。

焚き火スペース用風防幕

引用:Instagram

キャンプサイト用の陣幕同様、焚き火スペース用防風幕も布製です。

こちらは焚き火スペースサイズの防風幕なので、陣幕に比べるとコンパクトですが風防として活躍してくれます。

メリット

  • 金属製に比べ、風に強く倒れない。
  • 焚き火スペース用なので布製でもコンパクト。
  • 布製なのでカラーを選べおしゃれにでき、最近人気の風防アイテム。
最近キャンプに行くと、この焚き火スペース用の防風幕を使っている方を、よく見かけるようになりました。

焚き火スペース用とはいえ、目隠しとしても使えておしゃれなのが人気の要因ですね。

デメリット

  • 設営時に張り綱を張ったり、ペグで固定する必要があるため手間がかかる。
  • 金属製に比べ値段が高い。
  • 防火仕様にはなっているが、あまり焚き火の近くに置くと火の粉が飛んで穴が空く。

焚き火台リフレクターにもいろいろな種類がありますね。

防風幕ですと陣幕に比べると、コンパクトになり携行性は良くなりますが、金属製に比べると携行性、設置の手間がかかります。

荷物を少なくしたいソロキャンパーの方や、他の荷物が重いので焚き火台リフレクターは軽量、持ち運びがしやすいものがいい方は金属製のものをおすすめします。

では実際どんな焚き火リフレクターが、おすすめなのでしょうか。

ここからは布製、金属製それぞれ、おすすめの焚き火リフレクターをご紹介いたします。

 

おすすめの布製焚き火リフレクター

ここまでは、焚き火リフレクターの種類についてご紹介しました。

布製も金属製もどちらも風防として大活躍してくれるギアですね。

でもどんなものがいいの?

そんな方にまずは布製のおすすめ焚き火リフレクターをご紹介いたします。

おすすめの布製焚き火リフレクター① バンドック

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ki.Na.20(@ki.na_camp17)がシェアした投稿

引用:Instagram

バンドック 焚火 リフレクター BD-523

バンドックの焚き火リフレクターは、高さがあるので、しっかりと風を防いでくれます。

色味も格好良く、キャンプサイトをおしゃれに演出してくれます。

また布製のリフレクターとしては軽量なので、携行性が高いです。

私の友人がバンドックのソロベースとあわせて使用しており、本当に格好良いキャンプサイトになっていました。

格好良いですし、リフレクターとしても大活躍してくれる、おすすめのリフレクターです。

サイズ 約2000(600・800・600)×70mm
収納サイズ 約430×75×75mm
材質 フレーム:アルミ合金

生地:綿100%

重量 700g

おすすめの布製焚き火リフレクター②クイックキャンプ

引用:Instagram

クイックキャンプ 焚火陣幕-homura QC-WS

クイックキャンプの焚き火リフレクターは、ツールをかけられるハンガーフレームとランタンフレームが付属しており、風防としてだけでなく、実用性が抜群です。

フレームに調理器具やランタンを吊るしたら、キャンプサイトがおしゃれになるので、私も憧れている一品。

次に焚き火リフレクターを買うときは、これがいいなと思っています。

重量が約6.2キロと重いのが難点ですが、しっかりしていますし、大きめの焚き火リフレクターなので、目隠しにもいいですよ。

サイズ 約幅240(上部140)cm×高さ70cm
収納サイズ 約90cm×直径10cm
重量 約6.2kg
素材 フレーム:鉄

生地:コットン100%(綿 洗い加工)

おすすめの布製焚き火リフレクター③ ロゴス

引用:Instagram 

ロゴス TAKIBI de JINMAKU-BA

ロゴスのTAKIBI de JINMAKU-BAは設置が簡単で、ストレスフリーです。

また布が丈夫で、火の粉にも強いのが特徴。

重さは2キロと軽くはありませんが、その分しっかりしているので、安定感があります。

使用後は濡れたぞうきんで拭くだけできれいになり、手入れ簡単なところが、私は気に入っています。

サイズ 約幅90×奥行90×高さ101cm

幕帯:約幅90×奥行86×高さ90cm

収納サイズ 約幅14×奥行56×高さ7cm
重量 約2kg
材質 フレーム:スチール

生地:ファイバーグラス(シリコンコーティング)

おすすめの布製焚き火リフレクター④ マーグス

引用:Instagram

マーグス 焚き火陣幕NOMAD/ノマド CT0010

マーグスの焚き火リフレクターは、バイクなどで移動するソロキャンパー向けにできており、小型・軽量です。

高さは360mmと膝下ですが、風から火元をしっかりと守ってくれます。

パネル同士を連結することで、用途に合わせて超小型陣幕として使ったり、横に長い防風壁を作ることができます。

友人が使っていたので、持たせてもらったところ、とっても軽くてびっくり。

重量が約400gと大変軽量なので、携行性が抜群の一品です。

メイン生地は、軍需用物資の素材としても使われるハイスペックな「ALBERTON ARMY DUCK/アーミーダック」の18ozを使用。

ポールは全てアルミ素材(A6063)を採用し、過酷な環境でも安心して使えるように、表面にはアルマイト処理がされています。

実はマーグスというブランドは、2019年に立ち上がったばかりなんです。

縫製も国内で行われており、製品はこだわって作られています。

これから注目のアウトドアブランドですよ。

サイズ H350mm×W1020(3枚パネル)
収納サイズ H360mm×直径63mm (3枚パネル)
重量 386g(ポール、張り綱、収納袋を含む / 3枚パネル時)
材質 フレーム:アルミニウム合金(A6063)、真鍮

生地:帆布(ARBERTON ARMY DUCK/アーミーダック18oz)、ポリエステル

おすすめの布製焚き火リフレクター⑤ ミニマルワークス

引用:Instagram

ミニマルワークス ウルタリ 

ミニマルワークスのULTARIは、キャンプサイト用の陣幕タイプです。

特徴は、生地にポリスキンを使用し、丈夫なことと、重さが1.5kgと軽いことです。

焚き火スペース用の陣幕に比べ、大きいので、風防としてはもちろん、プライベート空間を作るのにも役立ちますよ。

私の友人が使っており、目隠しとしてもちょうど良く、風防としての性能もばっちりでした。

陣幕ですが、スリムなので携帯性が良く、かさばらないのがいいなと思います。

サイズ 幅430cm×高さ115cm
収納サイズ 幅15cm×長さ50cm
重量 1.5 kg
材質 フレーム:アルミニウム

生地:ポリエステル

布製の焚き火リフレクターは、金属製に比べると風にも強く倒れにくいですし、目隠しにも最適です。

布製の焚き火リフレクターは、サイズもカラーも様々なので、自分の用途に合ったものを選んで、

キャンプサイトをおしゃれに彩ってみるのもいいですよね。

是非参考にしてみてくださいね。

 

おすすめの金属製焚き火リフレクター

次に金属製のおすすめ焚き火リフレクターをご紹介いたします。

金属製の焚き火リフレクターは、コンパクトで設置が簡単なことが特徴ですよね。

また金属製の焚き火リフレクターにも、銀色と黒色があります。

私のおすすめは、熱の反射が大きい銀色です。

もちろん黒色も格好良いですし、風防としてはOkです。

しかし黒色は熱を吸収するため、暖かさをとるなら熱の反射が大きい銀色が良いでしょう。

おすすめの金属製焚き火リフレクター① キャンプグリーブ

 

この投稿をInstagramで見る

 

hiroyoshi moyori(@mossan_hijetcargo)がシェアした投稿

引用:Instagram

キャンプグリーブ 大型風防板

キャンプグリーブの焚き火リフレクターは、しっかりとしていて、ペグダウンすればちょっとの風ではびくともしません。

また使用することで、焚き火の熱を反射して、とても暖かくなります。

リフレクターの裏面はあまり熱くならないため、私はテントを守るためにストーブの後ろにも使用しています。

暖かくなるうえに、熱からテントを守ることができるので、重宝しています。

金属製のため、夜は焚き火の火でとても明るくなるのも良いですよ。

サイズ(60cmのもの) 高さ 60cm×幅 120cm ×厚み 0.3mm 8枚連結 (1枚 15cm)
重量 約2kg
材質 亜鉛メッキ鋼板

おすすめの金属製焚き火リフレクター② ヨーラー

 

この投稿をInstagramで見る

 

SH*TO(@sskk66yaei)がシェアした投稿

引用:Instagram

ヨーラー 大型風防板 

ヨーラーの焚き火リフレクターは、高さ30cm~60cmまで10cmきざみでサイズがあります。

素材は亜鉛メッキ合板なので、表面に酸化皮膜が形成され、水に強く、耐食性もあるので長く使うことが出来ます。

重さはまあまあありますが、その分しっかりしているため、ペグダウンすれば倒れる心配もありません。

私の友人が使っていますが、小さな焚き火でも、本当に暖かいため薪の節約になると言っていました。

サイズL 長さ120cm×高さ50cm
重量 亜鉛メッキ合板
材質 約2kg

風を遮って快適に焚き火をしよう!おすすめリフレクター7選!:まとめ

今回は焚き火リフレクターの種類と、おすすめ商品についてご紹介しました。

焚き火リフレクターを使うと風の影響を受けないため、効率的かつ安全に焚き火をすることが出来ますし、もっと焚き火が楽しくなること間違いなしです。

おすすめの焚き火リフレクターを参考にして、自分のお気に入りのものを見つけてくださいね。

 

スポンサーリンク

-リフレクター, 焚き火

© 2022 焚き火の神様 Powered by AFFINGER5