リフレクター 焚き火

焚き火ならこれが必要!軽量なリフレクターを選ぼう【おすすめ4選】

リフレクターを使ってみたいけどどんなものが良いのかな?

リフレクターは持っているけどもう少し軽いのはないかしら?

と考えている方の疑問にお答えいたします。

今はブームというより定着してきたキャンプ、そして焚き火は欠かせませんよね。

焚き火を行う上では慣れていくると色々と困ったことが起こりがち。

そこで活躍しているのが【リフレクター】です。

でも実際使ってみると「重くてかさばる」と感じる人も多いのでは。

キャンプは何かと荷物が多くなりがちで、携帯性も重要ですよね。

私も荷物をたくさん持っていきすぎて、設営だけで疲れてしまったなんてこともよくあります。

キャンプグッズは使いたいものが増えてどうしても重量が増えがちです。

今回はそんな方のためにおしゃれで軽量なリフレクターをご紹介致します。

 

焚火で使用するリフレクターとは


リフレクターとは、日本語で言うと反射板と言います。

基本的には火を風などから守る風防を指します。

みなさんはキャンプの際焚き火をする時に「風が強くなかなか火がつかない」また「風で飛び火したらどうしよう」と思ったことはありませんか。

そんな時に役立つのがリフレクターなのです。私も特に冬にキャンプをする際風が強く火が安定しない、焚き火をしても寒い。

と言うふうに悩んでいましたが、リフレクターを使用することで焚き火の満足度が増しました。

まずはリフレクターを使用するメリットがどんなものがあるかご紹介いたします。

 

リフレクターの効果とは

次はリフレクターの効果についていくつか見ていきましょう。

リフレクターは、季節を問わず活躍してくれるとても良いキャンプグッズで私はキャンプの時欠かさず持っていきます。

火の粉を防いだり、火を長持ちさせてくれる効果。焚き火陣幕やウィンドスクリーンとも言われています。

防風効果で火が安定する

キャンプで使用するリフレクターの1番の恩恵は火の防風対策です。

焚き火が強風に晒されてしまうと火の粉が飛んで危険だったり、煙で目が痛くなったりした事はありませんか。そういったことを防いでくれるのです。

私もリフレクターを使用しない時は煙の方向などをかなり気にしていましたが、使用すると気苦労が減った印象があります。

熱を反射しストーブ代わりに

「リフレクター」には、反射する(reflect)という意味があります。

焚き火リフレクターは、その名の通り、焚き火の熱を反射させることで、効率よく暖を取ることができます。私が冬キャンプに行ったときはとても重宝しました。

冬の外からの冷たい風の吹きこみを防ぎ、暖かい空気を囲って逃がさない効果がありとても助かりました。

目隠し

キャンプの最盛期になるとテント同士よ距離が近くなって周りの「視線が気になる」と思う事はありませんか。

そういった時リフレクターを設置し周囲からの目を遮断することができます。

またリフレクターはキャンプで一般的に使われるグッズですので他のキャンパーから違和感を覚えられることがないと言ったメリットもあります。

インテリアとして

これは私の主観なのですがリフレクターを用いるとキャンプの楽しさが増すと思います。

視線を遮るので他に注意が向くとこもなく、ゆったりとリラックスできるのです。火が安定する事で料理やお湯を沸かす時のストレスも軽減します。

ノンストレスで焚き火に癒されながらキャンプを楽しみたいなら、ぜひ持っておきたいアイテムです。

 

リフレクターの種類

おさらいとしてリフレクターの種類を軽く触れておきましょう。

また平均的な重さも見てみましょう。

布製

重量 平均約1kg〜1.7kg

メリット

  • 広い範囲を囲める(目隠しとして使ったり)
  • スペースができるので簡易キッチンとして
  • インテリアとしても使用できる

デメリット

  • ペグダウンを行う必要あり手間がかかる
  • 素材を選ばないと耐火性でも穴が空く

金属製

重量 平均約2〜3kg

メリット

  • 設営が簡単
  • 焚き火料理をする時に向いている。
  • 汚れがついても手入れがしやすい
  • 比較的安価

デメリット

  • 比較的重い
  • かさばる
  • 破損しやすい

比較してみるとやはり布製の方が軽い感じですね。

キャンプの時はどうしても荷物が多くなりがちなので軽いものを選びたいという人は多いはず。

しかし軽量タイプにも注意点はあります。この点を確認しなければ「軽ければいいや」と思い買ってみると失敗するかも。

間違えないように次は軽量リフレクターの注意点を見てみましょう。

 

軽量リフレクターの注意点

リフレクターの注意点としては

  • 風で倒れやすい
  • 組み立てや設置位置を気にする必要がある
  • 火の粉で穴が開く場合がある(布製の場合)

以上のようにところが軽量タイプの難点です。

しかしこれらにも対応策はあります。

風で倒れる

ペグで固定する

組み立て位置を気にする

下に板などを敷く

布製の場合火で穴が空く

素材を綿100%のものやグラスファイバー製のものを選ぶ

このように対策をすれば軽量リフレクターでもしっかりと役に立ってくれるでしょう。

私もリフレクターを使用する際は嵩張らないようペグで固定する方法を選んでいます。

1番手っ取り早くおすすめです。

 

軽量リフレクター4選

2kg以下の軽量で使いやすいリフレクターをご紹介致します。今は色んな商品が出ているのでじっくりみて購入を検討してみてください。

①BUNDOK

チェックポイント

  1. 重量1.7kg(ケース込み)
  2. 綿100%で防火性バッチリ
  3. 幕にポールを通してロープでしっかりと張り、付属のペグで地面に固定できる
  4. 目隠しにもなる

レビューでは

  • 見た目がカッコいい
  • 生地が薄く軽量
  • ソロキャンにピッタリ

BUNDOKは株式会社カワセが作成している製品です。

簡素な設計、軽量・収納性、リーズナブルな価格に定評があります。

②Tovelent

チェックポイント

  1. 重量1.1kg
  2. 綿100%
  3. 撥水加工済み
  4. 坊カビ加工済み

レビューでは

  • 価格が安価で使い倒せる
  • 初心者にピッタリ
  • L字とコ字にできて便利

撥水加工と坊カビ加工は嬉しいですね。キャンプ用品はお手入れも大変なところもあるのでありがたいところです。

③Mt.Gut

チェックポイント

  1. 重量1.2kg
  2. 綿100%
  3. カラーバリエーションが豊富
  4. ペグも収納できるバック付き

レビューでは

  • サイズがちょうどいい
  • カラーリングが選べるのが良い

〔誰でも気軽にアウトドア〕がコンセプトのブランドMt.Gut。

Gutとは直観を意味するようです。カラーリングは直観で選びましょう。

④GEERTOP

チェックポイント

  1. 重量1.1kg
  2. 綿100%
  3. 耐摩耗性が高い

レビューでは

  • 長持ちする
  • 傷がつきにくい

耐摩耗性が高いことは多少荒く使用しても大丈夫のようですね。

キャンプ用品はどうしても傷みやすいので、こういった商品は耐久性があって良いですね。

 

焚き火ならこれが必要!軽量なリフレクターを選ぼう【おすすめ4選】:まとめ

今回は焚き火をするときに便利な軽量なリフレクターについてご紹介致しました。

リフレクターの効果としては、防風効果・熱の反射・目隠し・インテリアとして使用できます。

種類としては主に布製と金属製があり布製のほうが軽量な傾向があります。

様々な使い方ができるリフレクター、これがあればキャンプの満足度アップも間違いなし。

さまざまな場面に役に立つキャンプぐっつなので1つは持っていて損はありません。

またオススメの商品も4つご紹介いたしました。どれも重量2kg以下なので軽量な部類に入りますので是非見てみてください。

軽い商品であれば持ち運びやすくストレスも減るためとてもオススメです。キャンプをもっと快適に楽しみましょう。

スポンサーリンク

-リフレクター, 焚き火

© 2022 焚き火の神様 Powered by AFFINGER5