掃除 焚き火台

焚き火台を洗う方法ってあるの?汚れが簡単に落ちる方法を大公開 

焚き火台の汚れって簡単に落とせるの?

そんな疑問にお答えします。

焚き火台を何回か使っていると汚れが落ちにくくなりますよね。

私も毎回の片付けを妥協してたら積み重ねでさらに汚れが落ちにくくなってしまいました。

この記事では、焚き火台を簡単に洗える方法を紹介します。

最後まで読んだら手強い汚れも簡単に落とせるようになっちゃいます。

 

焚き火終わりにやるべきこと

まずはキャンプ場などでの焚き火台の片付け方です。

使い終わった焚き火台が完全に冷えた状態になってから片付け開始です。

水気を絞った雑巾などで炭やすすなどの汚れを拭き取ります。

ここで大まかな汚れは落としておきましょう。

拭き取ったら、焚き火台が乾燥するのを待ってから収納します。

焚き火台を使い終わったらその場で綺麗にしたいと思うと思いますが、キャンプ場の炊事場では焚き火台を洗うことを禁止しています。

その場では、最低限の汚れを落とすようにしましょう。

収納袋を汚したくない人は別途焚き火台を入れられるものを持って行った方がいいですよ。

冷やしたり乾かす時間を逆算して片付けを始めた方がいいですね。

 

焚き火台を洗う方法

いよいよ焚き火台の洗い方について紹介します。

<必要な道具>

  • セスキ炭酸ソーダ
  • タワシ

<洗い方>

  1. 焚き火台の汚れの気になる部分にセスキ炭酸ソーダを吹きかけて10分待ちます
  2. タワシや金タワシで汚れを取っていきます
  3. 水で洗い流します  ~なかなか取れない汚れは1-3を繰り返します(網も同様のやり方で落とせます)~
  4. 台所用洗剤とタワシ(スポンジでも可)を使って洗います
  5. 水で洗い流したら完了です

セスキ炭酸ソーダはアルミ素材のものの掃除に利用するとアルミが腐食してしまうので注意が必要です。

取れない汚れをゴシゴシするのは時間がかかりますよね。

でも、この方法で洗えば、度重なる焚き火で積み重なった焦げも簡単に落とすことができます。

セスキ炭酸ソーダをかけた部分の汚れがするする落ちるので楽しくなってきちゃいます。

 

おすすめの道具

先ほどは焚き火台を洗う手順を紹介しましたが、今度は洗うときに使用する道具をひとつひとつ紹介します。

レックセスキの激落ちくん

激落ちくんから出ているスプレータイプのセスキ炭酸ソーダです。

頑固な汚れの掃除には重曹とよく言われますが、セスキ炭酸ソーダは油汚れを落とすのに優れているので焚き火台の掃除にはセスキ炭酸ソーダの方が汚れを落としやすいです。

<特徴>

  • 界面活性剤を使っていないので肌が荒れる心配もありません。
  • ベビー用品、こどものおもちゃにも使えるので子どもがいるシーンでも安心です。
  • においの元である汚れを落とすので除菌・消臭効果もあります。

スプレータイプになっているので、焚き火台に吹きかけて使うことができます。

写真のように脂っぽいコンロも簡単にピカピカになります。

レンジや冷蔵庫、キッチンの油汚れにも使えるので焚き火以外でも大活躍しますよ。

私は台所用コンロの掃除に重宝してます。

トーヤク セスキ炭酸ソーダ

粉タイプで水で割って使うセスキ炭酸ソーダです。

頻繁にセスキ炭酸ソーダを利用する人には自分でスプレータイプを作る方がお値段が安くなります。

大きな汚れの塊などは下記の写真のように浸けおきした方が洗いやすいですよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@kana_life_1986がシェアした投稿

百均などで売っている空のスプレーにセスキ炭酸ソーダと水を入れよく混ぜれば簡単にスプレータイプを作ることもできますよ。

スプレータイプと同じ効果がありますが、以下注意点があります。

<注意点>

  • 肌が敏感な人は手が荒れないよう手袋をつけましょう。
  • 幼児の手の届かないところに保存しましょう。
  • 湿気の少ないところで保存しましょう。

スプレータイプで落ちないような汚れも粉タイプを使えば、濃度を濃くすることができるので汚れが落ちやすくなりますね。

浸けおき洗いとスプレー両方に使えるのは便利ですね。私はお風呂の水垢掃除にも使っています。

ロゴスBBQツール万能BBQブラシ

焚き火台にこびりついた汚れをゴシゴシ洗い落とすにはタワシでこする必要があります。

しかし、効率よく洗うためには汚れの硬さなどによりタワシやスポンジを使い分けたいですよね。

そこでこの道具が役に立ちます。

キャンプ用品でおなじみのロゴスから売り出されているタワシで、スポンジ、タワシ、へらの3つの機能が集約されている便利アイテムです。

この写真のようにグリップもついているので力を入れるときも安定しますね。

まずは大きな焦げの塊などをへらで落とし、その後残った汚れをタワシやスポンジ部分で落とすことができます。

タワシでこすると焚き火台に傷がつくことがあります。傷を少しでもつけたくない人はスポンジを使いましょう。

わざわざ持ち替える手間もないので重宝してます。

歯ブラシ

焚き火台の角の隙間など細かいところの汚れはタワシでは落としにくいですよね。

そこで役に立つのが歯ブラシです。

歯ブラシを使えば、タワシでは落とせなかった細かなところを掃除することができます。

家での掃除でも大活躍の歯ブラシ。誰もが持っている万能アイテムですね。

 

焚き火台を汚さない方法

焚き火台は使う度に汚れが溜まっていってしまいます。

上記の方法で汚れを落とすことができますが、できるだけ汚さないようにしたいですよね。

そこでBBQ用アルミホイルを焚き火台に敷いて使用することで汚れを最低限に抑えることができます

アルミホイルを敷くことで、炭やすすなどの汚れを受け止めてくれるのでアルミホイルを外すだけで片付けが簡単にできます。

吸気口部分に穴をあけるのをお忘れなく。

できるだけ綺麗に焚き火台を使いたいという人は参考にしてみてください。

私もアルミホイルを敷くようになってから汚れがあまりつかないので片付けもスムーズにできるようになりました。

 

焚き火台を洗う方法ってあるの?汚れが簡単に落ちる方法を大公開:まとめ

焚き火台は使えば使うほど愛着が湧くので長く使いたいですよね。

焚き火は楽しいけど汚れを落とすのが大変と憂鬱に思っていた人もこの方法を使えば簡単に焚き火台の汚れを落とすことができます

私も洗ったばかりの綺麗な焚き火台を使って焚き火をしたのですが、なんだか新鮮な気持ちで焚き火ができました。

新品の焚き火台を使っているみたいなわくわく感があってとても気持ちがいいですよ。

みなさんも定期的に焚き火台のケアをしてあげてください。

合わせて読みたい

焚き火台シートは洗濯不可?汚れとおさらばできる焚き火台シートとは

続きを見る

焚き火台の掃除ってどうするの?掃除の仕方と焦げやサビ対策とは?

続きを見る

 

スポンサーリンク

-掃除, 焚き火台

© 2022 焚き火の神様 Powered by AFFINGER5