ledライト ポストジェネラル

【注目せよ‼】次にバズる「ポストジェネラルのledライト」とは

ポストジェネラルのledライトは、どのようなものがあるのですか?

そんな疑問にお答えします。

必須キャンプギアの1つに挙がるledライト。

私はキャンプでは、ずっとledライトを愛用しています。

長寿命もそうですが、外気温が低い時も素早く点灯できる事も理由の1つです。

愛用し続ける最大の理由は、「虫が寄ってきにくい」という事です。

虫は大の苦手です。大きい蛾(が)が近寄って来た時は、もう最悪です。

この記事は、ポストジェネラルのledライトについて要点を絞って紹介しています。

要点を絞って紹介していますので、ポストジェネラルのledライトの情報が、スーッと頭の中に入ってきますよ。

読み終えれば、ポストジェネラルのledライトの物知り博士になっているでしょう。

 

「デコボココンビ」のポストジェネラルのledライト

私にとって、デコボココンビといえばお笑い芸人の宮下草薙です。

ポストジェネラルのデコボココンビといえば、ハングランプリチャージブルユニットです。

なぜ、ハングランプリチャージブルユニットはデコボココンビなんでしょうか?

早速、謎を解いていきましょう。

ハングランプリチャージャブルユニットタイプ1

 

この投稿をInstagramで見る

 

白銀 英人(@ginhide)がシェアした投稿

出典:Instagram

付属のリモコンでスイッチON/OFFが出来るようになりました。

3段階の調光が出来ますので、外の明るさに合わせて光の調節を行いましょう。

電源は充電式を採用しています。

「あっ、ライトを落としてしまった。」

でも、安心してください。

ポストジェネラルのledライトは、割れない電球です。

SPEC

サイズ:φ(直径)55mm×h(高さ)190mm

照度:10ルクス、40ルクス、100ルクスの3パターン

連続点灯時間:約5時間~約24時間

生活防水:IPX4

充電時間:約4時間

ハングランプリチャージャブルユニットタイプ1、タイプ2の使い方の動画です。

こんな使い方があるのかと驚きです。

出典:YouTube

ハングランプリチャージャブルユニットタイプ2

 

この投稿をInstagramで見る

 

❦Masahiro❦(@masa.prado)がシェアした投稿

出典:Instagram

先程紹介したハングランプリチャージャブルユニットタイプ1と、よく似た形をしています。

違いは電球の形です。

ハングランプリチャージャブルユニットタイプ1は細長い電球。

ハングランプリチャージャブルユニットタイプ2は丸い電球です。

なぜ、2種類の電球があるの?

それは、電球の形によって光の照らし方が変わってくるからです。

細長い電球は、スポット的に。

丸い電球は、全体を照らしてくれます。

SPEC

サイズ:φ(直径)55mm×h(高さ)140mm

照度:10ルクス、40ルクス、100ルクスの3パターン

連続点灯時間:約5時間~約24時間

生活防水:IPX4

充電時間:約4時間

私は、家族と「ワイワイ、ガヤガヤ」したい為、全体を照らしてくれるハングランプリチャージャブルユニットタイプ2をチョイスしました。

 

「ビックリ!」変形するポストジェネラルのledライト

ledライトは変形しないものと思っていませんか?

ポストジェネラルのledライトの中には、変形するledライトがあります。

変形することにより、使い方が変わってきます。

吊るしランプ、ランタン、懐中電灯。

とても便利なledライトです。

トリーパネルソーラーチャージドledライト

出典:Instagram

トリーパネルソーラーチャージドledライトは、ギミックなつくりです。

本体に吊り下げフックが隠されています。

3枚のledパネルを広げて、吊り下げフックを使えば吊るしランプに早変わり。

広げたledパネルを畳んで、テーブルの上に置いてみましょう。

ランタンとして使用出来ちゃいます。

「やばい。充電し忘れた。」

でも、大丈夫。

3枚のledパネルの裏側は、実はソーラーパネルとなっていて、ソーラー充電ができます。

私は、ソーラー充電で何度か助けられました。

SPEC

サイズ:幅60㎜×奥行60㎜×高さ150㎜

充電時間:約8時間

LEDパネル(3枚)

照度:約100ルーメン、約300ルーメンの2パターン

連続証明時間:3時間~5時間

センターライト

照度:約28ルーメン、約85ルーメンの2パターン

連続証明時間:6時間~8時間

トリーパネルソーラーチャージドledライトの照度を確認できる動画です。

スペック以上に明るく感じます。

出典:YouTube

私のお気に入りのledライトです。

変形するところに一目ぼれし、迷わずゲットしてしまいました。

 

「兄弟かな?」3タイプあるポストジェネラルのledライト

ポストジェネラルのledライトの中には、シリーズ化されたledライトがあります。

シリーズ化されると全種類コンプリートしたくなるのが、人の心理。

コンプリート出来なくても、どれか1つは持っていたいアイテムです。

ハングランプタイプ1

 

この投稿をInstagramで見る

 

ⓇⒾⒺ ☻︎(@r_jimny_jb64)がシェアした投稿

出典:Instagram

電源のない場所でも使えるledランプです。

スイッチは少し変わっていて、コードを引っ張りON/OFF。

ハングランプタイプ1も割れない電球を使用しています。

点灯の時間に応じて徐々に暗くなります。

自然の心地よい風に揺らぎ、徐々に暗くなる照明の相乗効果で、気が付けば夢の中に。

SPEC

サイズ:φ(直径)60mm×h(高さ)22mm

照度:約50ルーメン

連続点灯時間:約24時間

電源:乾電池3本

生活防水レベル:IPX4

カラー
ホワイト、サウンドベージュ、ブラック、オリーブカーキ、サックスブルーの5種類

注意

電源のON/OFFを行う際は必ず片手で紐をもち、もう片方の手でソケット部分をもち紐を引っ張ってください。

紐だけを引っ張ると、ソケットから紐が取れてしまう場合があります。

ハングランプタイプ1を実際に使用した動画です。

明るすぎない灯りが、ロマンティックな雰囲気を演出してくれます。

出典:YouTube

ハングランプタイプ2

 

この投稿をInstagramで見る

 

TAKASHI INADA(@inastagram_official)がシェアした投稿

出典:Instagram

ハングランプタイプ1にシェードがつきました。

優しく光を拡散してくれますので、ハングランプタイプ1より明るく感じます。

クイックキャンプとコラボしたタイプもある、人気なledライトです。

火を使わないので、安心して車やテントの中に吊るすことが出来ます。

シェードとは

ライトを包んでいる傘のことです。

むき出しの光をやわらげて、優しく光を拡散してくれます。

SPEC

サイズ:φ(直径)210mm×h(高さ)175mm

照度:約50ルーメン

連続点灯時間:約24時間

電源:乾電池3本

生活防水レベル:IPX4

カラー
ホワイト、サウンドベージュ、ブラック、オリーブカーキ、サックスブルーの5種類

ハングランプタイプ2の紹介動画です。

少し荒い動画ですが、お隣中国の人が紹介しています。

ポストジェネラルのledライトは、国境も超えてしまうのですね。

出典:YouTube

ハングランプタイプ3

 

この投稿をInstagramで見る

 

REALSTANDARD(@realstandard_product)がシェアした投稿

出典:Instagram

ハングランプシリーズ史上最高スペックのledライトです。

クリップ式の専用アームがつきました。

デスクランプとして、自宅で使用してみればいかがでしょうか。

専用アームを外せばハンドライトとしても使用できます。

ランプの本体の裏にちょっとうれしい機能、マグネットが内蔵されています。

両手で作業したいときは、ハングランプタイプ3を車などにくっつけて使用しましょう。

SPEC

サイズ
シェード部分:約w200×h60×d80mm

アーム部分:約680mm、約430〜460mm(伸縮時)

照度:約10ルーメン・約100ルーメン・約200ルーメンの3パターン

連続点灯時間:約4時間~約36時間

USB充電時間 : 約4時間

生活防水レベル:IPX4

ハングランプタイプ3の使用方法を紹介した動画です。

アームの組み立て方や照度の確認まで、丁寧に説明されています。

出典:YouTube

私はアームから取り外して、ハンドライトとして使用しています。

 

【注目せよ‼】次にバズる「ポストジェネラルのledライト」とは:まとめ

まとめとしまして

  • 「デコボココンビ」のポストジェネラルのledライト
  • 「ビックリ!」変形するポストジェネラルのledライト
  • 「兄弟かな?」3タイプあるポストジェネラルのledライト

をご紹介してきました。

ポストジェネラルは、シリーズ化されたもの、変形するものなど豊富な種類のledライトを取り扱っています。

これだけ種類が有ると、どれをチョイスしようか迷ってしまいます。

迷ったときは、自分の直感を信じてみましょう。

直感を信じて選んだledライトは、自分のキャンプスタイルに合ったledライトで間違いありません。

 

スポンサーリンク

-ledライト, ポストジェネラル

© 2022 焚き火の神様 Powered by AFFINGER5