ポストジェネラル 取扱店

【ネット派?それとも実物派?】ポストジェネラルの取扱店を検索‼

ポストジェネラルの取扱店を探すには、どのように行えばいいのですか?

そんな疑問にお答えします。

インターネットが進んだ現代、実際にモノを見て購入する人より、ネットでモノを購入する人の方が多いのではないでしょうか?

インターネットを活用すれば、豊富なアイテムを時間の制限なく、購入できるため大変便利です。

私は、実際にモノを見て購入する派です。

モノを手に取りじっくり見ていると、「縫い目が綺麗だな」とか「手触りがいいな」など細かい部分がわかります。

細かい部分が分かって購入するため、「思ったより使いにくかった」など、購入後の後悔が少ないですよ。

この記事では、ポストジェネラルのアイテムを購入できる、ネットショップの特徴、取扱店の検索方法を紹介しています。

知っていそうで知らない、インターネットの検索方法も紹介。

知っていればインターネットでの検索が、効率よく出来ちゃいます。

 

「自宅がポストジェネラルの取扱店に!?」ネットショッピング。

インターネットに繋がっている環境とスマホがあれば、今いる場所がポストジェネラルの取扱店となります。

ネットショップを使えば、場所や時間に関係なく、ポストジェネラルのアイテムを購入することができます。

支払方法や送り先を登録しておけば、ボタン1つで購入が可能です。

今の時代無くてはならない、購入方法の1つですね。

Amazon

書籍販売サイトとしてアメリカで誕生し、今では家電、玩具など何でもそろう世界一のネット通販会社です。

日本国内シェア率52%とダントツトップです。

ほぼ全てのポストジェネラルのアイテムを扱っています。

Amazonの魅力

豊富な品揃え。

検索機能の使いやすさ。

商品一覧ページの見やすさ。

配達が早い。

Amazonプライムに加入すると送料が無料となる。

Amazonを使うメリット

前提としてAmazonプライムに加入していること。

商品の送料が無料。

商品の発送が早い。

AmazonMusicPRIMEというサービスを使い200万曲以上聞き放題。

Primevideoで映画、ドラマなどが見放題。

デメリット

Amazonプライム(年会費4900円)に加入しないと、受けられるサービスが減る。
国内シェアNo1だけあって、私の周りの友人たちは、みんなAmazonを使用しています。

楽天

「♬なんとポイントが2,000ポイントつくのです。」のフレーズでお馴染みの楽天。

楽天の国内シェアは、28.7%で国内2位です。

楽天はAmazonと違い在庫を持ちません。

ここがAmazonとの大きな違いです。

楽天は楽天市場に自分の店を出す。

Amazonは、Amazonというスーパーに商品を出すというイメージをすると、わかりやすいと思います。

楽天の魅力

ポイント制度によってお得に買い物ができる。

キャンペーンが頻繁に行われる。

楽天ポイントの使い道が多い。

楽天市場以外にもさまざまな楽天サービスを提供している。

楽天を使うメリット

ポイント還元率の高さ。(楽天経済圏で生活ができるかも。)

ショップごとに個性があって面白い。

デメリット

ショップごとに対応が違う。

送料がかかる場合がある。

楽天経済圏とは

楽天経済圏とは 、日常生活に必要なあらゆるサービスを楽天グループで統一することです。

楽天カードを利用して楽天市場でお買い物をして、引き落とし口座を楽天銀行にする。

ザクザクとポイントがたまり、貯まった楽天ポイントを楽天サービスで使用するというサイクルの事を言います。

私は、楽天経済圏で生活できないか検討しましたが、楽天であまり買い物をしないため、楽天経済圏の生活は諦めました。

ヨドバシ.com

ヨドバシ.comはヨドバシカメラの公式通販サイトです。

国内シェアはAmazon、楽天には及ばないものの、日経ビジネス誌の1万人へのアンケートで「薦めたいECサイトランキング」で1位になったこともあります。

また 家電EC市場No1で破竹の勢いで、売り上げも急上昇です。

ECサイトとは

「electronic commerce(エレクトニック コマース)」の頭文字から来ていて、ショッピングができるWebサイトのことを意味します。

ヨドバシ.comの魅力

多彩な検索機能で目的のものを簡単に探す事ができる。

クレジット払い、ポイント払いなど多彩な支払方法に対応。

最短即日にお届けできる。

家電量販店ですので家電のサービスが充実している。

ヨドバシ.comを使うメリット

日時指定や配送業者を選べる。

配送料が無料。

地方発送も早い。

ヨドバシカメラの店舗でも購入できる。

ポイント還元率が高い。

デメリット

返却する際の手続きが大変。

再配達の手続きも一手間かかる。

ワンクリックで購入できない。

Amazon、楽天に比べ品ぞろえが少ない。

セールがない。

ヨドバシカメラでポストジェネラルのアイテムを扱っているとは、驚きです。

「Amazon」だけとか、「楽天」だけとか決めつけず、通販サイトをうまく組み合わせて一番お得になる方法を、検討してみるのも面白いかもしれません。

 

ポストジェネラルの取扱店はどこにある?「地図アプリ」で検索。

私は実際にモノを見て購入する派です。

特に身の回りのアイテムは、実際にモノを見ないと気が済みません。

でも、「買いたいと思うアイテム」の取扱店が見つからなく困ったことがあります。

その時は、地図アプリを活用しました。

Google Map

地図アプリの王道のアプリです。

全世界で月利用者10億人以上と言われています。

Google Mapの機能は

リアルタイムで現在地を共有できる。

全国のタクシーと連携できる。

道路の渋滞状況がわかる。

周辺のスポットを調べることができる。

施設の込み具合が分かる。

ストリートビューが利用できる。

乗換案内が調べられる。

複数の目的地を設定できる。

オフラインマップをダウンロードできる。

ビルのフロア内部を表示できる。

色いろなキーワードで検索できる。

私が知っている機能より多くて驚きました。

検索ボックスに「ポストジェネラル␣取扱店」と入力すれば、お近くのポストジェネラル取扱店を地図上に表示してくれます。

基礎から教えてくれるGoogle Mapの使い方の動画です。

Google Mapは、地図の周辺の写真を見れることができるので、家にいながら観光スポットへ行った気分にさせてくれます。

使いかたは「Google ストリートビュー」と同様で、行きたい場所の住所を指定するか、マップ上をロングタップして赤いピンをマップに刺すだけ。

ピンを刺すと画面左下に写真のアイコンが出るので、これをタップすると写真が見られるようになります。

海外の町並みを眺めてみたり、アニメ・ゲームの舞台になった場所の聖地巡礼や、なかなか帰れない実家の近くを散策してみましょう。

Yahoo!マップ

Yahoo!マップはYahoo!Japanが提供する地図アプリです。

カラフルな色使いと大きなアイコンで見やすい地図アプリです。

日本では、地図アプリのユーザー数はGoogle Mapに次いで2位です。

Yahoo!マップの機能は

経路案内ができる。

クーポン、Pay Pay検索ができる。

6時間先まで雨雲情報が見られる。

渋滞状況を見れる。

不審者情報がみられる。

ARモードで目の前の景色をアプリに表示できる。

さまざまなキーワードで検索できる。

GoogleMapと同様に、検索ボックスに「ポストジェネラル␣取扱店」と入力すれば、お近くのポストジェネラル取扱店を地図上に表示してくれます。

Google MapとYahoo!Mapの違いを分かりやすく解説してくれる動画です。

Yahoo!Mapの機能の一つ、Yahoo!カーナビは優れものです。

狭い道や一方通行もかなり的確に把握して、現実的なルートを提案してくれます。

カーナビを主にして、利用するのが良いかもしれませんね。

Map

iPhone標準搭載されている地図アプリです。

OSのメジャーアップデートのたびに使い勝手が向上しています。

全世界で月利用者数2~6億人と言われています。

マップの機能は

交通機関検索ができる。

タクシーの配車サービスができる。

ルックアラウンド機能が使える。

3D表示でナビが使える。

世界のおすすめポイントが表示される。

iPadやApple Watchと連携できる。

さまざまなキーワードで検索できる。

GoogleMapとYahoo!Mapと同様、検索ボックスに「ポストジェネラル␣取扱店」と入力すれば、お近くのポストジェネラル取扱店を地図上に表示してくれます。

マップの使い方の動画です。Google Mapとの比較もあります。

UI(ユーザーインターフェイス)の使いやすく、直感的に操作を行うことができるところが、Mapの凄いところです。

昨今、外出しにくい状況下ですが、地図アプリの機能を使えば自宅にいても、お出かけした気分にさせてくれます。

地図アプリを使えば、世界1周旅行も夢ではありません。

私の友人は、時間があれば地図アプリを使い、世界1周旅行を楽しんでいます。

 

番外編:意外と知らない「検索方法」

「ポストジェネラルの取扱店は?」など、調べ物をしたい時は、まずはGoogleで検索すると思います。

大抵の人は検索ボックスに「ポストジェネラル␣取扱店」と入力するでしょう。

この検索方法でもいいのですが、検索方法にはいくつかコツがあり、コツをつかむと簡単に素早く検索できます。

AND検索

一般的な検索方法です。

AというキーワードとBというキーワードの両方を含んでいるサイトを検索する時に使用します。

キーワードとキーワードの間に「半角スペース」を入れて検索します。

例えばキャンプに使う焚き火台を検索したい場合は、検索ボックスに「キャンプ␣焚き火台」と打ち込みます。

私もそうでしたが、大抵の人は、AND検索しか知らないと思います。

OR検索

AというキーワードもしくはBというキーワードのどちらか1つが含まれているサイトを検索する時に使用します。

検索ボックスには「キーワード」「半角スペース」「大文字のOR」「半角スペース」「キーワード」の順番で入力します。

例えば、キャンプと焚き火台の事をどちらでもいいので検索したい場合、検索ボックスに「キャンプ␣OR␣焚き火」と打ち込みます。

-(マイナス)検索

指定のキーワードを除外して検索したいときに使用します。

例えば ロゴス以外の焚き火台を調べたいときは、「焚き火台-ロゴス」と検索ボックスに記入します。

検索結果には、ロゴス以外の焚き火台が表示されます。

SNS検索

SNS上で検索したいときに使用します。

知りたいキーワード名の後に「@SNS名」で検索します。

例えば、検索ボックスに「焚き火台@Instagram」と記入すれば、Instagramだけの検索結果が表示されます。

InstagramのほかにYouTubeやTiktokなどにも使用できます。

数値範囲を指定して検索

年数や月日を指定したいときに使用します。

使い方は「数字..数字」となります。

例えば2000年から2019年までのヒット曲を検索したいときは、検索ボックスに「ヒット曲␣2000..2019」と打ち込みます。

2000年から2019年のヒット曲が検索されます。

 

【ネット派?それとも実物派?】ポストジェネラルの取扱店を検索‼:まとめ

まとめとしまして

  • 「自宅がポストジェネラルの取扱店に!?」ネットショッピング。
  • ポストジェネラルの取扱店はどこにある?「地図アプリ」で検索。
  • 番外編:意外と知らない「検索方法」

をご紹介してきました。

今の時代、ほしいものを取り扱っているお店は簡単に探せるようになり、ボタン1つで購入できるようになりました。

簡単に購入できる今だからこそ、そのアイテムは本当に自分に必要なモノかしっかり検討して購入する必要があるかもしれません。

よく検討したものは、大事に扱いますので、より長く使用できます。

より長く使用して、ビンテージのアイテムへと育てていきましょう。

スポンサーリンク

-ポストジェネラル, 取扱店

© 2022 焚き火の神様 Powered by AFFINGER5