おすすめ ソロストーブ 初心者 焚き火 焚き火台 筒型

筒型の焚き火台はソロストーブがおすすめ!一軍入りするそのワケは?

普通の焚き火台と筒型の焚き火台ってどう違うの?

キャンプに慣れていないと扱いづらいのかな。

そんな疑問にお答えします。

筒型の焚き火台ソロストーブは、キャンプをしたことがない初心者の方にもおすすめです。

キャンプをはじめたばかりだと、なかなか火がつかなくて戸惑ったり、設置や撤収に時間がかかってしまったりしますよね。

ソロストーブの焚き火台ならそんな心配がなく、スムーズにキャンプを楽しむことが出来ます。

今回は、初心者の方からキャンパーの方におすすめの焚き火台や、気になる扱い方についてご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

【筒型】の焚き火台はソロストーブがおすすめ

筒型の焚き火台は、名前の通り筒状になっている焚き火台のこと。

色んなメーカーから販売されていますが、ソロストーブから出ている焚き火台が1番がおすすめです。

初心者からキャンパーまで簡単に扱える二次燃焼構造が特徴。

熱された空気の上昇と燃焼の酸素不足により、底部にある通気口から空気が吸い込まれます。

この空気の流れで燃料をしっかり燃やし続けることが出来るから、特徴的な炎を楽しむことができます。

はじめてソロストーブで焚き火をした時は、炎の形に驚きました。

初心者の方でも火がつけやすく、設置も組み立て不要で置くだけなので簡単。

薪を燃やし尽くしてくれるから、ほとんど灰も残りません。

 

【筒型】ソロストーブ焚き火台のメリット

他にも、筒型の焚き火台が良い3つのポイントがあります。

灰が残らないから片付けがラクチン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Konken(@friendee221)がシェアした投稿

ソロストーブの焚き火台は、二次燃焼構造でしっかり薪を燃やしてくれます。

焚火が終わったあとは、灰の処理をしないといけませんが、ソロストーブの焚き火台なら、ほとんど灰が残りません。

ゴミ捨て場がないキャンプ場でも、灰が少ないので袋に入れて持ち帰れます。

煙のにおいが残らない

 

この投稿をInstagramで見る

 

hosson(@hosson_1)がシェアした投稿

焚き火台を使って一番驚いたのが、服が焚き火臭くならないこと。

焚火をしたあとはどうしても、煙特有の匂いが残ってしまいますよね。

ソロストーブの焚き火台なら、煙も燃やして炎に変えるから、匂いがほとんど残りません。

洗濯してもなかなか取れないので諦めていたのですが、焚き火台を変えただけで解決できました。

料理も出来る

 

この投稿をInstagramで見る

 

堀内克志(@utchiii_)がシェアした投稿


ソロストーブは、料理も楽しむことが出来ます。

火が結構強そうだけど、火加減は難しくないのかな。

ソロストーブのグリルは、調理がしやすいように高さが出るように設計されているから安心です。

また高さが出る分、薪の追加もグリルを動かす必要なく追加が出来るので、スムーズに調理が出来ます。

ソロストーブレンジャーグリル

  • 価格:19,800円
  • サイズ:36cm
  • 重量:6.8kg

 

【筒型】ソロストーブ焚き火台おすすめ3選

筒型焚き火台の良い点が分かったところで、ソロストーブの焚き火台おすすめ3選をご紹介します。

ソロキャンプで荷物を最小限に【ソロストーブ ライト】

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fuji_105_K(@k.f.105.camp)がシェアした投稿

リュックにも入るコンパクトなサイズ感。

小枝などでしっかり燃えてくれるから、荷物を最小限に抑えられます。

7cmくらいまでの小枝が入るよ。

ソロストーブの中でも一番小さいサイズですが、950mlの水を8~10分ほどで沸かすことが出来ます。

ソロストーブ ライト

  • 価格:8,800円
  • サイズ:高さ14.5cm(収納時:10cm)幅10.8cm
  • 重量:255g

ソロキャンプをゆったり楽しめる【ソロストーブ タイタン】

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomoya yuhara(@tomo_yuzu.7)がシェアした投稿

ライトも良いのですが、燃焼効率が良い分こまめに小枝を投入しないといけません。

常に投入しないといけないから忙しい。

ゆったりソロキャンプを楽しみたいという方はタイタンがおすすめです。

ライトと比べて枝も13cm程の長さまでは入るので、小さく折る手間も省けます。

ソロストーブ タイタン

  • 価格:11,000円
  • サイズ:13×13×14.2cm
  • 重量:468g

ファミキャンで楽しむなら【ソロストーブ レンジャー】

ソロ向けの焚き火台はあくまで、調理や焚き火を楽しむもので暖を取るには向いていません。

レンジャーなら迫力ある炎を楽しめ、寒い冬でも暖まりながら焚き火を楽しめます。

また、インスタでもソロストーブレンジャーの会というアカウントが出来るほどの人気ぶり。

自分たちのレンジャーを持ち寄って焚き火を楽しむ光景はとても迫力があります。

ソロストーブ レンジャー

  • 価格:38,580円
  • サイズ:42×41×37cm
  • 重量:8.07kg

 

【筒型】ソロストーブ焚き火台のデメリット

ここまで、使いやすさをお伝えしてきましたが、気になるデメリットもあります。

燃焼効率がよすぎる

筒型の焚き火台は、燃焼効率が良いので、通常の焚き火より薪が多く必要になります。

いつもと同じ感覚で焚き火をしていたら、薪が足りなくなりました。

一晩過ごすには、2~3束必要になるので、多めに準備しておくと安心です。

焚き火台が重たい

灰もほとんど残らないので片付けはラクチンなのですが、ファミキャンなどで使用する焚き火台の重さは8kg。

片付けをする時に焚き火台をひっくり返さないといけないので、1人では無理でした。

しかし、ひっくり返す作業以外は片付けが本当にラクチンなので、慣れれば苦になりません。

 

筒型の焚き火台はスノーピークがおすすめ!一軍入りするそのワケは?:まとめ

今回は筒型の焚き火台についてご紹介しました。

筒型の焚き火台は二次燃焼構造で灰がほとんど残らないから、焚き火の時間を思い切り楽しむことが出来ます。

また、組み立ての必要がなくスムーズに焚き火が出来るので、初心者の方にもおすすめです。

面倒な後片付けや、設置時間をなるべく減らしたいという方は、ぜひ検討してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

-おすすめ, ソロストーブ, 初心者, 焚き火, 焚き火台, 筒型

© 2022 焚き火の神様 Powered by AFFINGER5