材料 火の付け方 焚き火

焚き火を海でゆったり楽しみたい!焚き火が出来る場所はどう探す?

海で焚き火をしてもいいの?

そんなお悩みにお答えします。

キャンプの楽しみといえば、焚き火ですよね。

キャンプ場もいいけど、渋滞や人の多さに疲れてしまいませんか。

そんな時は海の焚き火がおすすめです。

いつもと違う景色を楽しみながら、ゆったり自分のペースで焚き火を楽しむことが出来ますよ。

しかし、海ならどこでも焚き火をしてもいい訳ではありません。

一体どう探したらいいのか分からない。

この記事では海で焚き火が出来る場所を探す方法をお教えします。

ぜひ自分のお気に入りの場所を見つけてください。

 

海で焚き火をしてもいいのか?

日本の海は私有地ではないし、どこでも出来るよね。

海ならどこでも出来そうに思ってしまいますが、それぞれの自治体が条例で禁止している場合もあるので注意が必要です。

特に調べず焚き火をしていたら、煙に驚いた近隣の方に通報されてしまった。

なんてことも。

海岸などには立て看板があるので、必ず行く前に確認しておきましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

しめじ(@yaseinoshimeji)がシェアした投稿

焚き火がダメな場所

  • 焚き火禁止
  • BBQ禁止
  • BBQや火気の使用禁止

と表記されている場所では焚き火は出来ません。

 

海で焚き火が出来る場所はどうやって調べる?

海で焚き火が出来る場所は、ネットで検索てもなかなか出てきませんよね。

焚火が出来る場所を探すには2つ方法があります。

下見をする

焚き火をしようと思っている場所へは、一度下見にいくのがおすすめです。

なかなか下見に行くのは面倒だなという方は、グーグルアースで行きたい場所を検索してみてください。

立て看板がある場合は、そこで焚き火が出来るのか出来ないのかが分かる場合もあります。

私もよくグーグルアースを活用しています。

電話で確認してみる

下見をしても不安だという方は、各自治体のHPをチェックしましょう。

自治体によっては事前の届け出が必要な場合もあります。

問い合わせの電話番号なども記載されているので、直接聞いてみるのが安心ですね。

焚火をしていい場所でも避けるべきポイント

焚き火をしても良い場所でも、周りに迷惑をかけてしまう場所もあります。

焚火を避けたい場所

  • 民家が近い場所
  • 海水浴シーズンの海
  • 釣り人がいる場所

焚火をする際の煙が迷惑になってしまうので、この3つの場所では焚き火は控えましょう。

 

焚き火のやり方

海での焚き火もやり方は一緒ですが、気を付けたいポイントも一緒にご紹介していきます。

準備するもの

  • 焚き火台
  • 着火剤
  • トング
  • 耐熱グローブ
  • チャッカマン

step
1
焚き火台をセットする

直火(地面に直接薪を置いて焚き火をすること)はNG。

必ず焚き火台を用意しましょう。

私がソロで海に行く時は、この焚き火台を使っています。

超コンパクトなので自転車キャンプでも持ち運びがラクチンですよ。

おすすめの焚き火台

step
2
着火剤を一番下にセットして薪を並べる

薪は針葉樹と広葉樹と2種類種類がありますが、初心者には火が付きやすい針葉樹がおすすめです。

キャンプ場と違い薪を自分で持って行く必要があるので忘れないようにしてくださいね。

持ち運びしやすい、針葉樹薪

step
3
着火剤の上に小枝やなるべく小さな薪を置く

大きな薪なかなか火がつかないので、必ず小さな薪から置きましょう。

step
4
チャッカマンで火をつけて、薪を少しずつ投入する。

着火剤は一気に火が付くので注意。

火傷の危険もあるので、必ず耐熱グローブをつけてから火を付けましょう。

私がいつも使っているグローブは耐熱温度が800度なので、火傷の心配もありません。

焚火の温度は450度程度なので安心して使っていただけますよ。

おすすめ耐熱グローブ

ポイント

燃やすためには酸素が大事なので、薪を投入する時はあまり重ねすぎないようにしましょう。

step
5
焚き火が終わったら

炭を火消し壷に入れるか、アルミホイルなどで炭を包む。

炭は必ず持って帰りましょう。

火消し壷があると火をすぐ消すことが出来て、時間短縮にもなります。

炭も再利用出来るので持っておくと便利ですね。

あったら便利な火消し壷

注意

炭はそのまま埋めても自然にかえることはありません。

炭は再発火する可能性があり、そのまま放置して帰ると砂浜を歩いている人たちが間違って踏んでしまい、火傷をする可能性もあります。

炭や灰、ゴミは必ず持ち帰り焚火をする前よりキレイにして帰りましょう。

流木で焚き火をする際の注意点

海には流木が落ちていることも多いですが、海岸で拾った流木で焚き火はおすすめしません。

海水が混じった流木を、焚き火などの低温で燃やすとダイオキシン発生の可能性があります。

そして落ちている流木は湿っているものが多いので、そのまま使うと水蒸気が発生し煙がたくさん出てしまうことも。

火傷やケガに繋がるので注意が必要です。

流木を使う時のポイント

火が大きくなってから流木を主燃料として使うようにしましょう。

 

【海まで徒歩30秒以内!?のキャンプ場おすすめ5選】

自分で探すのもいいけど、なかなかハードルが高い。

焚火が出来るかどうかの確認や下見など、ちょっと面倒だなという方にもおすすめ。

海まで徒歩30秒以内のキャンプ場を5つご紹介します。

【福井: 初心者でも楽しめる!若狭和田キャンプ場】

 

この投稿をInstagramで見る

 

愛.Y(@aiaicotton)がシェアした投稿

ビーチまで徒歩30秒。

波の音を楽しみながら、焚き火が出来る最高のロケーションです。

実は若狭和田ビーチは夕日100選にも選ばれるほど、夕日がきれいなんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuushi Nishikawa(@yuushinishikawa)がシェアした投稿

「景色が最高」という意見が圧倒的に多いのには納得です。

こちらのキャンプ場は、手ぶらプランもあるので初心者の方でも気軽に行くことができますよ。

若狭和田キャンプ場

  • 住所:福井県大飯郡高浜町和田104
  • 定休日:なし
  • 電話:0770-72-1068(8-17時まで)

若狭和田キャンプ場HP

【和歌山:日本一気軽にいける無人島!地ノ島】

 

この投稿をInstagramで見る

 

tossy(@toshisasaking)がシェアした投稿

透き通った海に360度囲まれた無人島での焚き火、最高です。

キャンパーでも無人島で焚き火の経験は、なかなかないですよね。

無人島で焚き火なんてまさにサバイバル。

地ノ島のサバイバルエリアでは、1日1組限定で貸し切りも可能なんです。

※詳細はHPをご確認下さい。

スタッフが迎えにくるまで、完全に誰もいない空間になるのも本格的。

無人島・地ノ島

  • 住所: 和歌山県有田市初島町浜
  • 定休日:なし
  • 電話:080-9655-9443

無人島・地ノ島HP

【千葉: 愛犬と楽しめる!THE DOG DEPT GARDEN RESORT-安房白浜-】

この施設は「レディーファースト」ならぬ「ドッグファースト」

熱中症対策や愛犬のリードの必要がない広々ドッグランなど、飼い主さんも安心して連れていくことが出来ます。

海も目の前にあるので、一緒にお散歩することも可能です。

地面にはウッドチップが敷き詰められているので雨でドロドロになってしまう心配もありません。

愛犬とぜひ焚き火を楽しんでくださいね。

THE DOG DEPT GARDEN RESORT-安房白浜-

  • 住所: 千葉県南房総市白浜町根本1456-11
  • 定休日:あり
  • 電話: 0470-29-3914

THE DOG DEPT GARDEN RESORT-安房白浜-

【大分:1日10組限定!嬉しい施設が盛りだくさん!長崎鼻ビーチリゾート】

 

この投稿をInstagramで見る

 

᠁ ᴹᴵᶜᴬ ᠁(@micacharin)がシェアした投稿

ビーチまで徒歩10秒。

1日10組限定なので、まったりと過ごせるのが嬉しいポイント。

 

この投稿をInstagramで見る

 

キャプ天(@inchikicaptain)がシェアした投稿

きれいな星空を見ながら、波と焚き火の音に癒されますよ。

他にもプライベートサウナや、リラクゼーションなど嬉しい施設が盛りだくさん。

長崎鼻ビーチリゾート

  • 住所: 大分県豊後高田市見目4080
  • 定休日:不定休
  • 電話: 070-4166-9230

長崎鼻ビーチリゾート

【鹿児島: 廃校になった小学校をリノベーション!YUKUSA OUTDOOR FIELD】

日本一海に近い学校と言われていた小学校をリノベーションして作られた「ユクサおおすみ海の学校」

焚火やBBQを楽しんだあとは、教室にお泊りすることも出来るんです。

校長室に泊まったり、教室の黒板に落書きしてみたり。

子どもごころをくすぐる施設になっています。

YUKUSA OUTDOOR FIELD

  • 住所: 鹿児島県鹿屋市天神町3629-1
  • 定休日:7月~10月を除く毎水曜日と年末年始の特定日
  • 電話: 0994-31-8193

YUKUSA OUTDOOR FIELD

 

【焚き火を海でゆったり楽しみたい!焚き火が出来る場所はどう探す?:まとめ

いつもより非日常を味わえる海での焚き火。

1人の時間が欲しい時や癒されたいとき、お気に入りの場所があればいつでも気分転換が出来ます。

ぜひあなたもお気に入りの場所を見つけてくださいね。

 

スポンサーリンク

-材料, , 火の付け方, 焚き火,

© 2022 焚き火の神様 Powered by AFFINGER5