火吹き棒 焚き火

焚き火は火吹き棒を使ってスムーズに!おすすめの火吹き棒5選

焚き火をする時、火吹き棒は必要なのかな。

そんな疑問にお答えします。

焚き火をしていると、火吹き棒を使っている人をよく見かけますよね。

「キャンプに慣れている人たちが使うもの」と思うかもしれませんが、初心者の方にもぜひ使って欲しいアイテムなんです。

火が弱まった時、バタバタとうちわで仰ぐよりピンポイントで酸素を送ることで簡単に火を復活させることが出来ます。

座りながら火の調節が出来るので、ゆったりと焚き火を楽しめますよ。

この記事では火吹き棒の使い方や買う時のポイントをご紹介します。

 

火吹き棒とは

火吹き棒とは焚き火に直接酸素を運んで、火力をアップさせる道具です。

焚き火をする前は簡単に火がつくものだと思っていたのですが、最初はとても苦戦しました。

火をついたと思っても、薪を投入していかないとどんどん火が弱くなります。

直接息を吹きかけても間に合わず、何度も火が消えてしまい途方にくれたことがあります。

火吹き棒を使えばピンポイントで酸素を送れるので、初心者の方でもスムーズに火をつけることが出来ますよ。

また調理をする時にも便利です。

うちわであおいでしまうと灰が飛んで食材にもかかってしまいますが、火吹き棒ならピンポイントで酸素を送れるので灰も飛び散りません。

長さもあるので座りながら火力の調節が出来ます。

これならダラダラ汗を流すことなく焚き火を楽しめますね。

注意

火力の調整に着火剤を使うのは絶対にやめましょう。

焚き火の途中で着火剤を継ぎ足そうとすると本体にまで火がうつり、最悪の場合服や身体に火が移ります。

火傷では済まない事故になるので、必ず火吹き棒で火力を調節しましょう。

 

火吹き棒の使い方と選ぶポイント

火吹き棒は使い方も簡単で、初心者の方でもすぐに使えます。

長さも色々あるので買う前に確認しないと「思ったより顔と焚き火の距離が近かった」なんてことも。

購入する前に必ず確認しましょう。

使い方

 

この投稿をInstagramで見る

 

fu_fu_fu_camping(@fu_fu_fu_camping)がシェアした投稿

火を付けたい場所に軽く息を吹きかけるだけ。

火吹き棒に口をつけずに少し離して息を吹き込む方がより多くの酸素を送ることが出来ます。

勢いよく吹き付けてしまうと火が消えてしまう可能性があるので優しく吹いてくださいね。

効率よく燃焼させるには火吹き棒の先を火元の方向に向け、火元から15cmほど距離を取るのがポイントです。

注意点

火吹き棒に口をつけたまま息を吸いこまないよう注意しましょう。

火の粉や灰がそのまま喉に入って火傷をするおそれがあり危険です。

選ぶポイント

step
1
素材

火吹き棒の素材は主に3種類あります。

ステンレス

錆びにくく水にも強いので、濡れてしまっても安心。

アルミ

水に濡れてしまうと錆びやすいので手入れが必要ですが、とても軽く持ち運びも便利。

経年変化が楽しめる。

ソロキャンプだと伸縮出来る、ステンレスやアルミ素材を選ぶのがおすすめです。

重さも20g程なので持ち運びもラクチン。

私は川でキャンプをすることが多いので、サビにも強いステンレスにしました。

step
2
長さ

短めのものから長いものまで様々。

45cm

コンパクトに収まるが、火に近い。

60cm

平均的な長さで、これくらいあると顔に近すぎず火がつけられる。

80cm

火元から十分に距離を取ることが出来る。

ソロキャンプでは伸縮出来る方がコンパクトに収まるので荷物を最小限に抑えられます。

あまり短すぎても顔が火元に近くなってしまうので、60cm以上伸ばせるものを選んだ方が安心ですね。

火の調節のたびに立つのが面倒なので、長さのある80cmのものを購入しました。

 

おすすめの火吹き棒

選ぶポイントが分かった所で、おすすめの火吹き棒をご紹介していきます。

素材別でそれぞれ厳選したので、ぜひ参考にしてください。

小さいけど迷子にならない【VASTLAND火吹き棒】

 

この投稿をInstagramで見る

 

haru(@c.a.l.iy)がシェアした投稿

あまりに小さすぎるとなくしそうで心配になりますが、VASTLANDの火吹き棒はリュックにもつけられるコンパクトケース付。

カラビナが付いているので火吹き棒を使う時はボトムのベルトループに引っ掛けておくと、いつでもすぐに出し入れが可能です。

見た目の可愛さはもちろん、ケースの色はバリエーションがあるのでどの色にしようか悩みます。

VASTLAND火吹き棒

  • 価格:799円
  • 素材:ステンレス
  • 長さ:10mm×130~620mm
  • 重量:22g

火起こしから火力の調整まで出来る【Jialefu 火吹き棒】

 

この投稿をInstagramで見る

 

keiyuuni(@keiyuuni)がシェアした投稿

火吹き棒とファイヤースターターがセットになっています。

これさえあれば、ライターがなくても火をおこすことが出来るので緊急時にも便利。

ケース付きなので、火吹き棒と一緒に収納出来ます。

2つ入って980円はお買い得。

Jialefu 火吹き棒

  • 価格:980円
  • 素材:ステンレス
  • 長さ:13cm~62cm
  • 重量:50g

オシャレ重視【ファイヤーサイド ファイヤーブラスターFB2】

 

この投稿をInstagramで見る

 

naaa(@nna_612)がシェアした投稿

道具は全てオシャレなもので揃えたいという方はファイヤーサイドがおすすめです。

口元にはブナ材が使われているので、やわらかい雰囲気。

使っていくうちに味が出てくるのも楽しめますね。

アルミやステンレスと違い、持ったり口につけたりするときに冷たい思いをしなくていいので、冬のキャンプにもおすすめですよ。

ファイヤーサイド ファイヤーブラスターFB2

  • 価格:4,500円
  • 素材:アルミニウム/ブナ材
  • 長さ:800mm
  • 重量:140g

手のひらサイズ【キャプテンスタッグ火吹き棒】

 

この投稿をInstagramで見る

 

松山賢司(@kenji.matsuyama.562)がシェアした投稿

キャンプテンスタッグの商品はスタイリッシュなデザインが多いですね。

最大48mmと少し短めなのでソロキャンプにおすすめ。

かなりコンパクトで手のひらサイズに収まり重さも40gと超軽量です。

クリップが付いているので、ポケットに挟んで置けばすぐに使えます。

キャプテンスタッグ火吹き棒

  • 価格:973円
  • 素材:アルミニウム
  • 長さ:110~480mm
  • 重量:40g

シンプルなデザイン【里山屋 火吹き竹】

 

この投稿をInstagramで見る

 

村中 貴志(@takashi.muranaka)がシェアした投稿

名前の通り竹で作られた火吹き棒。

竹だと水に濡れるとカビが生えるのではないかと心配ですが、熱とアルコール殺菌されておりカビの発生を防いでくれます。

使っていくうちに風合いが出てきて、人とかぶらないオリジナルの火吹き棒に。

里山屋 火吹き竹

  • 価格:880円
  • 素材:竹
  • 長さ:300mm
  • 重量:50g

 

焚き火は火吹き棒を使ってスムーズに!おすすめの火吹き棒5選:まとめ

この記事では火吹き棒について解説してきました。

火吹き棒がある方が焚き火がスムーズに出来て、調理の時も火力調整が出来る便利なアイテムです。

初心者の方でも簡単に使えますし、安いものだと1,000円以内で買うことが出来ます。

長さがあるものだと、座りながらでも火の調節が出来るので自分にあった火吹き棒を選んでください。

 

スポンサーリンク

-火吹き棒, 焚き火

© 2022 焚き火の神様 Powered by AFFINGER5