レイアウト 焚き火

レイアウトが重要!焚き火・テント・タープ・車のレイアウトの基本はこれ

レイアウトを決めるときには何に気をつけたらいいの?

どのような場所に決めたらいいの?

そのような疑問にお答えします。

キャンプをするとき、テントやタープなどをどこにレイアウトするのかが重要。

たとえ一泊のお泊りでも過ごしやすい空間づくりは大事ですよね。

そこでレイアウトの基本を上げてみました。

せっかくの非日常の生活を楽しく過ごせるよう押さえておくべきポイントをご紹介します。

一緒にキャンプにいく人たちにも、最高の空間を提供できるようになりますよ。

 

レイアウトの基本

キャンプのレイアウトを考えるときは主にテント、タープ、キッチン、車の4つの配置を考えます。

過ごし方や人数にによってレイアウトも変わってきますので、まずはキャンプ場でどのように過ごすのかを思い浮かべてレイアウトを決めるようにしましょう。

導線を先に考えてからレイアウトしないと、あとから「テントはこの位置が良かった」「こっちの方が動きやすかった」となってしまいますのでよく考えてから設営しましょう。

私は初めてキャンプに行ったときにレイアウトを全く考えなかったので、思いのほか時間がかかってしまい完成させるだけで疲れてしまいぐったりでした。。

同じような状況にならない為に、少しでもお役に立てたら幸いです

テントとタープはどちらを先に立てる方がいいのか

初心者の方はテントを立ててからタープを設営する人が多いと思います。

どちらが正しいとかはありませんが、タープから立てる方がレイアウトはしやすいです。

タープをどこに張るか決めておけばテントやキッチン、車のレイアウトを考えやすくなります。

天候が急に変化したときも荷物置き場としても役立ちますからね。

タープは風が通り抜けるように立てるのが一番安全ですので、ポールを風の方向と平行になるように設置します。

風が強い時はタープが風にあおられないように気をつけましょう。

テントを設営する

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masaki Kawanabe(@mskkwnb)がシェアした投稿

タープの位置が決まったらテントを設営しましょう。

基本的にタープとテントは隣同士に連結させることが多いです。

タープがテントのひさしの役割をしてくれるので、雨の侵入を防いでくれます。

私は最初テントを先に立ててしまい、隣同士に連結させることが出来なくなってチグハグなレイアウトになってしまったのも今では良い思い出です。

車の位置を決める

 

この投稿をInstagramで見る

 

鹿人(@shikancyu)がシェアした投稿

車の荷物を下ろすことを考えてタープと車の位置を決めましょう。

車は基本的に通路側に停めて、いつでも動かせるようにした方がいいですよ。

目隠しや風よけとしても使えるので風向きや周りを見て位置を決めるといいでしょう。

車の後ろを開け放して使用するのもいいと思います。

移動しやすいところに停めておくとなにかと便利です。

キッチン、焚き火の位置を決める

キッチンと焚き火は必ず風下に配置します。

風向きを考えて位置を決めないと煙がテント内に入っていったり、テントやタープに火の子が飛んだりして穴が空いたり、燃えてしまう恐れがあります。

私は風上に置いてテントの中が煙だらけになってしまい、中の荷物も匂いがつき大失敗したことがあります。

 

テントやタープなどのレイアウトを決める際のポイント

四万十川 川のせせらぎ|riv0015-003

設営する場所は平らなところを選ぶ

できるだけ平らな場所がいいですね。テントを立てる前に石などはどけておきましょう。周囲の安全を確かめることが大事です。

大きな木の横や崖の近くには立てない方がいいでしょう。けがをしては大変ですからね。

テントの入り口は通路側にしない

出入りがしやすいように入り口を通路側にしてしまうと通行人から丸見えになってしまいます。

なので防犯効果のためにも入り口は通路側にしない方がいいですね。

私は通路側にしてテントから出たとたん人にぶつかりそうになりびっくりしたことがあります。

お子さんがいる方も飛び出しちゃう可能性があるので入り口の向きはしっかり考えた上で設営するようにしましょう。

テントは風上に

テントを風上にすることで風が強い時は風よけにもなります。

ペグの入りが甘かったりすると風で飛ばされてしまうこともありますので、風向きは結構大事だったりします。

焚火やキッチンは風下に

レイアウトの基本にも書きましたが焚き火やキッチンは風下にしましょう。

煙や火の粉がテント内に入ると危険です。

せっかくのテントやタープに穴が空いたら大変ですよね。

導線を考えたレイアウトに

焚き火やキッチンの導線上に荷物を置いたりすると動きずらくなったり危険だったりするので導線を考えた上でレイアウトするといいでしょう。

荷物に引っかかって転んでしまったら大変ですよね。火の回りは特に危ないので特に気をつけましょう。

日差しの向きも考えよう

タープの位置は日差しの向きを考えて設置しましょう。

日差しを避けたい夏は日差しを避けられるレイアウトに、冬は日差しを長く受けられるようなレイアウトにする方がいいでしょう。

夏は涼しく冬は暖かく過ごせるようなタープの位置にすることで過ごしやすくなりますね。

 

レイアウトを決めるときには周りにも配慮を

隣との間が空いている場合はいいと思いますが、人気のキャンプ場では隣同士の間が狭い場合もあるでしょう。

その場合は焚き火や入り口の向きなどプライバシーなども考えてレイアウトを決めましょう。

お互いに嫌な思いをしないような配慮が必要です。

楽しむために来ているキャンプ場でちょっとしたことが不快な気分になることもありますよね。

周りの人のことを考えたレイアウトを心がけましょう。

 

レイアウトが重要!焚き火・テント・タープ・車のレイアウトの基本:まとめ

レイアウトの基本は焚き火、テント、タープ、車の4つです。ほかにもあるとは思いますがまずはこの4つのレイアウトを決めてしまえば安心です。

キャンプに決まりはないのですが少しでも快適に過ごせるようなレイアウトにしたいですよね。

ポイントさえ押さえれば安全です。せっかくのキャンプですから安心安全に過ごしたいですよね。

家族や友達と楽しく過ごし周りの方のことも配慮し思い出に残る楽しいキャンプにしましょう!

合わせて読みたい

 

スポンサーリンク

-レイアウト, 焚き火

© 2022 焚き火の神様 Powered by AFFINGER5